編集部ブログ―池田真也

CMS学会が発足! 上司説得に使えるCMS導入の費用対効果の指標づくり活動がスタート

上司説得の決済をもらうのに役立つCMSの費用対効果の指標づくりを行う
[AD]
第1回CMS学会の様子

Webサイト制作のロフトワークは7月23日、200件をこえるCMS導入の実績をもつロフトワークと企業のWebサイト運営で先進的な取り組みをしているWeb担当者が経験やナレッジをもちより、企業のWeb担当者などに役立つCMS導入の費用対効果(ROI)を測るためのサンプルとなる指標づくりを行う活動、「CMS学会」をスタートした。

CMSは企業サイトに欠かせないツールとなりつつあるが、CMS導入プロジェクトは規模が大きくなりがちで、まとまった予算が必要な場合が多い。運営効率の向上、情報発信力の向上、統一したデザインによるブランディングの向上など、CMS導入のメリットはさまざまだが、Webサイトごとに目標や指標が異なるため参考データを入手するのは困難であり、実際に費用対効果を示して社内承認を得ようとするのは難しいもの。そこでCMS学会では、CMS導入を支援するロフトワークと、すでにCMSを導入した実績のある企業の担当者の経験をもちより、Web業界全体で利用できる形で、CMS導入の費用対効果の指標をまとめていく。

今、CMSがいろいろなところで進んでいるなかで、CMS導入の費用対効果が業界として明示されていなく、担当者が苦労されている。業界として費用対効果の指標をまとめていきたい」というロフトワーク代表取締役の林氏。学会のレポートは、クリエイティブ・コモンズのライセンス「表示-非営利 2.1」で公開していく予定だという。

5つの項目別にCMSの費用対効果を指標化していく

第1回の学会では、具体的な数字に落とし込むための指標づくりが行われ、次の5項目をもとに、会社の経験を交えて指標づくりに向けた議論がなされた。

  • 構築コスト
  • 運用コスト
  • 情報発信力
  • アクセスデータ
  • その他

たとえば、構築コスト(ページ制作)では、「ページ制作単価=プロジェクト原価概算÷ページ数」といった指標が掲示された。経営層にわかりやすく伝えるには、Web全体の原価という大きな規模だけでなく、制作会社に発注するとページ単価がこれだけかかるが、CMSだとこれだけ削減できると、小さなスケールで伝えることも有効だという。

また、運営コストでは、年間300万円の更新費用を削減できると、決済を通してもらったという例も話されていた。導入前に比べて、外注していたページ制作費と運用費を削減できると経営層を説得したという。

8月中に第2回会合を行い、9月に最終的なドキュメントを公開していく予定だ。なお、先日開催された、第1回CMS学会のレポートはロフトワークですでに公開されているので、そちらも参考にしてほしい。

CMS学会
http://www.loftwork.jp/seminar/2009/20090724cms_r.html

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グローバルナビゲーション
サイト全体で共通して表示されるナビゲーション。 多くの場合、第1階層(大カ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]