Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

SEOとキーワード広告とでは予算に大きな格差があるけれども……

よろしければこちらもご覧ください

検索エンジン向けキャンペーンへの広告宣伝費の振り分けには大きな格差がある。それはつまりこういうことだ。

予想どおり、検索広告が今後も最大規模の市場であり続ける。検索広告市場は2007年の91億ドルから2013年には209億ドルになる見込みだ。
- 出典: CNET Japan 2008年7月1日

うむ。ということは、米国の企業は昨年、有料検索広告に100億ドル近く使い、今年はそれ以上になるということだ。ではSEOは?

SEO: 13億ドル(11%)
SEMPO

SEMPOとは、検索マーケティング専門家の非営利団体。Search Engine Marketing Professional Organizationの略。

SEMPOのデータによれば、検索マーケティング関連予算のうち、SEOに使われているのは11%で、クリック課金広告(PPC)が87%だそうだ(それ以外に、SEM技術に1.4%、有料登録は1%未満)。ここで、僕にはどうにも納得できないことがある。

検索結果ページで利用者がどこを見たかのヒートマップを見てほしい。赤いところがよく見られているエリアだ。

画像:グーグルヒートマップ

上の図を見るかぎり、視線のほとんどはオーガニックな(自然にヒットした)検索結果の方に向かっているようだ。つまり、オーガニックなSEOにしか左右できないものに……ふ〜ん。これについて結論を出すには、もっとデータを見てみなきゃいけない。Enquiroを見てみよう。

オーガニックなランキングの視認度
検索結果一覧の各表示順位について、全閲覧者のうち、そこを見ている人の割合を示してある。
1位100%
2位100%
3位100%
4位85%
5位60%
6位50%
7位50%
8位30%
9位30%
10位20%
サイドのスポンサー広告の視認度
スポンサー広告の各表示位置について、全閲覧者のうち、そこを見ている人の割合を示してある。
いちばん上50%
上から2番目40%
上から3番目30%
上から4番目20%
上から5番目10%
上から6番目10%
上から7番目10%
上から8番目10%

すごい。視認度はオーガニックな検索結果の方がずっと高いってわけだ。クリック率はどうかな?

画像:図1グーグルの検索広告表示と有料広告クリック率の傾向

comScoreのおかげで、有料検索広告のクリック率が時を追うごとに落ちていることがわかる。今では22%未満だ。

結論:

SEOは検索トラフィック全体の75%以上をもたらしているが、検索マーケティングキャンペーン向け広告宣伝予算の15%未満しか得ていない。一方、PPCによる検索トラフィックは全体の25%を下回っているのに、SEMキャンペーン予算の80%以上がつぎ込まれている。

疑問:

  • 有料検索が広告宣伝費をこんなに取れるのはなぜか?
  • 予算の割り振りを同等のところまで持って行くために、SEOとSEO業界はどうすればいい?
  • 景気の低迷は、SEOにとって活躍の場の拡大につながるだろうか?

僕の意見は後に取っておこうと思う。みんなの意見を聞けたら嬉しい。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

GTA
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス