コメント投稿

AR

Augmented Realityの略。一般的には「拡張現実」と訳されることが多い。「強化現実」「拡張現実感」と訳されることもある。

現実世界のリアルタイム映像に、画像解析や位置情報活用により、さまざまな情報を付加して表示するサービス・技術を指す。たとえば、ゲーム『ポケモンGO』(2016年サービス開始)の「ARモード」では、スマートフォンのカメラで周辺を撮影すると、ゲームグラフィックではなく、現実の風景に重ねてキャラクター画像がリアルタイム表示される。

ARは「VR」(Virtual Reality:仮想現実)と対比されることが多い。VRは、「コンピュータのなかに、3D空間を別世界として・現実のコピーとして構築する」「立体視やヘッドマウントディスプレイを使って、そのなかを歩き回っているような感覚を与える」ものだ。これに対しARは、「現実の風景に、さまざまな情報表示を付与する」「カメラ映像に重ねて、現実をさらにデコレーションする」というスタンスだ。

具体的なARの事例としては、前述のゲームでの活用以外では、スマホを使って自分を撮影して洋服を試着したり、観光地の路地を撮影して案内板を表示させたり、博物館の展示物の解説を位置情報をもとにアナウンスしたり、手術時の撮影画像に補助情報を表示したり、さまざまなパターンが登場している。

なお、ARとVRの技術をさらに融合させ、表示される情報や物体を操作できる「MR」(Mixed Reality:複合現実)のサービスも開発が進んでいる。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]