コメント投稿

AR

よろしければこちらもご覧ください

ARとは、「拡張現実感(Augmented Reality)」の略で、実際の景色、地形、感覚などに、コンピュータを使ってさらに情報を加える技術を指す。「拡張現実」と呼ばれることも多いが、実際の技術内容を反映して「拡張現実感」とするべきだとする意見もあり、ここでは「拡張現実感」とする。

ARはVR(仮想現実、バーチャルリアリティ)に対する概念として扱われることが多い。

VR(仮想現実)は、コンピュータのなかに、現実を模した世界や独自の世界を構築する、いわば「箱庭」のようなもの。特に3D技術とネットワークの発展にともない、セカンドライフのような仮想世界のなかにコンピュータの画面からアクセスしたり、特殊なゴーグルを使って仮想現実に入っているように見える仕組みが多く作られた。

AR(拡張現実感)は、ある意味、仮想現実と反対のことをしている。つまり、現実の世界をベースに、情報を加えるのだ。モバイルデバイスが進化してGPSやカメラを利用した高度な情報処理が可能になったことから発展した技術だといえる。

たとえば、iPhoneなどのモバイルデバイスで、GPSによって場所を認識し、カメラに写った映像に「ここに喫茶店があります」といった情報を表示したり、「この先渋滞」と表示したりするような仕組みだ。また、博物館などで、展示物の解説を適切なタイミングで提供するようなものも、ARの一種だ。

ARの具体的な例としては、次のようなものが挙げられる。

セカイカメラ
http://support.sekaicamera.com/ja/

iButterfly
http://www.mobileart.jp/ibutterfly.html

115
115
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル