コメント投稿

初めてコメントさせていただきます。
本記事での対応は最低限として、
もしも感染し、コードを挿入されてしまった場合への備えとして
静的なHTMLをやめるという選択もあります。

静的なHTMLファイルの場合、どんな構文ミスがあっても、ブラウザに吐き出してしまいますので、感染の拡大に繋がってしまいます。
これがPHPであれば、各ファイルの中の最後の閉じタグを削除する事で
挿入されたコード部分でエラーとなり、ブラウザにコードを吐き出す事ができなくなりますので、結果的に感染の拡大を防ぐ事になります。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]