コメント投稿

モバイルサイト構築のユーザビリティいろは

比較テストで見えた成果を出すモバイルECサイトのユーザビリティ(第8回)

モバイルECサイトの調査結果からわかった、好感を得るトップページや商品購入ページのデザイン
よろしければこちらもご覧ください

3 商品ページには商品の詳細情報を掲載

商品ページは検索した商品の情報を得るページであるとともに、購入フローの入り口となるため、商品の情報を正確かつ魅力的に伝え、購入フローに遷移させるようなページ設計が必要になります。

商品ページの商品詳細情報によるユーザーへの印象の変化を調査するため、ファッション系の商品を例に、サイズ、生産国、洗濯方法などの詳細情報を商品ページに掲載したサイトAと、リンク先の詳細情報ページに載せたサイトBを比較したところ、結果として、約6割のユーザーが商品ページへの商品詳細情報の掲載を支持しました、(図7、8)。

商品ページの商品詳細情報の掲載方法による比較
図7 商品ページの商品詳細情報の掲載方法による比較
出展:(c)2007 IMJモバイル「モバイルECサイトの『商品ページ』に関するユーザビリティ調査」
サイトA、Bの印象
図8 サイトA、Bの印象(単一回答)【n=312】

商品ページ内に詳細情報を掲載することが有効だと言えます。これは商品ページに詳細情報が掲載されていることで、商品自体の信頼性がユーザーにより伝わりやすく、かつページ遷移の手間が省けるからだと考えられます。

なお、詳細情報が多くなりすぎると、スクロールの長さが増加してしまうので、情報が多い場合は、優先順位の低い情報は別ページに設けるなどの検討も必要です。

46236
よろしければこちらもご覧ください
46236
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル