コメント投稿

セッション

アクセス解析において、セッションとはWebサイトにアクセスして行う一連の行動を示す。「訪問」「ビジット」と同義。

あるWebサイトにアクセスして、そのサイトから出て行くかブラウザを閉じるまでが1セッションとなる。1セッションで1ページしか閲覧しない場合もあれば、1セッションで何ページも見る場合もある。

ただし、Webページを開いたままにするなど、ページ閲覧とページ閲覧の間にある程度の時間が経過した場合は新たなセッションとしてカウントされる。通常、ページ閲覧とページ閲覧の間が30分以上空くと、新たなセッションとしてカウントされることが多い。

例1:たとえば、あるユーザーがあるサイトで

19:00 ページAを閲覧
19:10 ページBを閲覧
19:20 ページCを閲覧

この場合、1セッションで3ページビューとなる。

例2:たとえば、あるユーザーがあるサイトで

19:00 ページAを閲覧
19:10 ページBを閲覧
友人と電話をしていた(ブラウザは開いたまま)
20:20 ページCを閲覧

この場合、ページAとページBの閲覧が1セッション目で、ページCの閲覧は別のセッションとして扱われる。

例3:たとえば、あるユーザーがあるサイトで

19:00 ページAを閲覧
19:20 ページBを閲覧
19:40 ページCを閲覧
20:00 ページDを閲覧
20:20 ページAを閲覧

この場合、ページ閲覧の間隔はどれも30分未満などで全体で1つのセッションとして扱われ、1セッション5ページビューとなる。

2201
2201
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル