離脱率 とは 意味/解説/説明

用語「離脱率」が使われている記事の一覧

全 6 記事中 1 ~ 6 を表示中

アクセス解析 “超” 基礎講座

さらに理解を深めるために今さら聞けないアクセス解析用語集

野本 幹彦2007/12/20 9:00118331

LINEが調査プラットフォーム「LINE Research Platform」を事業者向けに公開、登録モニターは15~29歳が57%

LINEが保有するスマートフォン調査パネルとともに公開し、マーケティングをサポート
岩佐 義人(Web担 編集部)2016/11/16 17:476152

アイレップ、ランディングページ分析用ユーザー解析ツール「リードスコープPro」を譲り受け提供開始

同ツールの運営事業と計測システムやプログラムに関する特許もアイレップが保有
岩佐 義人(Web担 編集部)2012/7/3 0:422152

ティファナ・ドットコム、エントリーフォーム離脱率改善の「Advanced EFO」を販売開始

「入力例事前アナウンス機能」や「エラー修正ガイダンス機能」を搭載
山川 健(Web担 編集部)2010/2/3 21:58052

ウィルシステムが離脱率を下げるメールフォーム最適化サービスの販売を開始

ユーザーの使い勝手を向上させてストレスを軽減、安全性も確保
山川 健(Web担 編集部)2009/9/9 18:49032

直帰率・離脱率とは? 業界・業種別の目安数値も紹介

GoogleAnalyticsでアクセス解析を行う上で重要な指標とされている「直帰率」と「離脱率」。重要でありながらも解釈が難しく、意味が曖昧なまま分析を続けている方も多いのではないでしょうか。ウェブサイトを把握するうえで重要な指標について、今回は紹介いたします。
Webマーケティングメディア【Grab】2020/10/26 16:03000
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Googleウェブマスターツール
Google Search Consoleの旧称。 同義語 の「Googl ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]