直帰率・離脱率とは? 業界・業種別の目安数値も紹介

GoogleAnalyticsでアクセス解析を行う上で重要な指標とされている「直帰率」と「離脱率」。重要でありながらも解釈が難しく、意味が曖昧なまま分析を続けている方も多いのではないでしょうか。ウェブサイトを把握するうえで重要な指標について、今回は紹介いたします。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

直帰率と離脱率。言葉は似ていますが、定義が異なります。この二つの定義を混ぜて覚えていたり、平均値の理解がなくなんとなくで分析していたりしませんか?

Webサイトの現状を把握するうえで、直帰率・離脱率の正しい意味の理解と目安になる数値は知っておくべきものです。

「Grab」で紹介している記事を参考に「直帰率」「離脱率」についての理解を深めていってください。

 

>> 直帰率・離脱率とは? 業界・業種別の目安数値も紹介

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

見出しタグ
HTMLで見出しに使われるタグ。見出しのレベルによって<h1>から& ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]