コメント投稿

ZOZO研究所がファッション流行を検証する大規模データセットをオープンソースで公開

実データを用いて流行の変化でAIの認識精度が低下する「分布シフト」現象の研究を促進
よろしければこちらもご覧ください

ファッションECサイトを運営するZOZOでグループ研究機関のZOZO研究所は、大規模データセット「Shift15M」と実装基盤をオープンソースとして公開した、と9月2日に発表した。ファッションアプリ「IQON」(2020年サービス終了)に投稿されたコーディネートを基に構成された大規模データセットを広く公開して学術界や産業界に貢献する。年々変化するファッションの流行をより正確にとらえる研究の発展に役立ててもらう。

研究所が取り組む「ファッションを数値化する」の1つに、流行が変化しても継続的に認識精度を高く保つAI(人工知能)技術の実現がある。ファッション関連データは流行の変化の影響を受けて「分布シフト」と呼ばれる数理的現象が生じ、AIの認識精度が低下することが研究者に注目されている。AIの実用性にかかわる重要なテーマだが、検証に用いる実用データセットの不足で学術研究の進展が制限されてきた。

ファッション以外の多くの分野にも共通して現れる分布シフトが起こることで生じる課題を見出し、解決策を探る研究開発を促進する。データセットには、アプリのIQONに2010年から2020年まで投稿されたコーディネート約255万件▽コーディネートを構成する約1500万件のアイテムに関する特徴量▽アイテムカテゴリに関するデータやコーディネート投稿への「いいね」数――が含まれている。

よろしければこちらもご覧ください
370
370
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]