コメント投稿

クオンがTwitter Japanとの広告メニュー「キャラフルエンサー」で体験型リッチアド開始

HTML5を活用してエンターテインメント性の高い広告を制作・配信、ブラウザゲームで訴求
よろしければこちらもご覧ください

キャラクター開発とキャラクター活用のオンラインマーケティング支援事業のクオンは、Twitter Japanとの共同広告メニュー「キャラフルエンサー」で、ブラウザゲームによる体験型リッチアドフォーマットの提供を始める、と3月22日発表した。ゲーム・アプリ企画・制作・運営のSynkとともに、最新のHTML5を活用してエンターテインメント性の高い広告を作る。

体験型リッチアドフォーマットは、ゲームで遊べる広告を制作することで、サービスへの関与度が低い消費者の理解や興味を喚起できる。HTML5を使ったブラウザゲームのためダウンロードが不要。「Twitter」のタイムラインからゲームページに継ぎ目なく移動し、訴求したいことがゲーム内で消費者に伝えられる。キャラクターの起用で興味・理解をさらに高める。

体験型リッチアドの特徴

キャラフルエンサーは、クオンのキャラクターエンターテインメントコンテンツの制作力とTwitteの「スポンサーシップ」広告を組み合わせたメニュー。クオンの制作費やキャラクターライセンス費がTwitteの広告配信費に含まれる。SNSで人気のキャラクターの活用で話題性の高い広告ができる。価格は、Twitter広告用GIFバナーと体験型リッチアドで950万円となる。

キャラフルエンサー概要とメリット
よろしければこちらもご覧ください
130
130
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

パーミッション
もとは「許諾」を意味する言葉。Webの世界では、サーバー上でのアクセス権を表す場 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル