サイバー・バズが「オリジナルキャラクター制作×SNSアカウント運用」サービスを開始

企業・ブランドに合わせたキャラクターを投稿に活用、有名キャラクター起用メニューも
よろしければこちらもご覧ください

ソーシャルメディアマーケティング事業のサイバー・バズは、企業やブランド向けに「オリジナルキャラクター制作×SNSアカウント運用」サービスを始めた、と4月5日発表した。企業・ブランドに合わせてクリエーターが制作するオリジナルキャラクターを活用し、漫画やアニメを投稿コンテンツに盛り込んでSNSの運用効果を高める。

SNSクリエーターエージェントのwwwaap(ワープ)と連携して展開する。コンセプト設計からオリジナルキャラクターの制作、キャラクターを利用したコンテンツ作り、広告運用、効果測定まで一括してサポートする。キャラクターは企業やブランドと消費者をつなぐ役割を持ち、認知、理解促進、好感度向上への貢献が期待できるという。

「Twitter」「Instagram」「LINE」が対象。キャラクターを親しまれる存在に育てるには、デザインに加えて性格、特性、メッセージの伝え方が重要になることから、フォロワー増加やエンゲージメント向上につながるプランニングを各プラットフォームの特徴に応じて行う。各プラットフォームへの同時展開で効果を高める施策も可能。

サイバー・バズは、オリジナルキャラクター制作×SNSアカウント運用サービスと同時に、書籍やアニメ、映画などで知られるキャラクターをコンテンツに起用する「有名キャラクター活用プロモーション支援メニュー」の提供も開始した。出版大手が持つキャラクターが広告に利用できる。店頭販促での活用も含めてプランニングする。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

mixi
2004年2月からサービスを開始したソーシャルネットワーキングサービス(SNS) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]