仕事&休暇「ワーケーション」、同僚が同行するパターンも“意外とアリ”が多数【ビッグローブ調べ】

社員旅行 vs. ワーケーションなら、ワーケーションのほうがやや優勢。
よろしければこちらもご覧ください

ビッグローブは、「ワーケーション」に関する調査結果を発表した。リモートワークが可能な企業に勤める会社員900人、リモートワークが可能な企業の経営者100人の計1,000人が回答している。

ワーケーション(Workation)は、Work(仕事)+Vacation(休暇)を組み合わせた造語で、観光地などでテレワークをしつつ過ごす、仕事+休暇の複合スタイルを指す。

経営者の約7割「チームで行うワーケーション」に興味、従業員側も肯定的

まず経営者100人に、社員のコミュニケーション充実やチームビルディングの方法として「チームで行うワーケーションを実施してみたいと思うか」と聞くと、「そう思う」16%、「ややそう思う」52%で、計68%が興味を示した。

 

一方、従業員側の900人に、「ワーケーションをするとして、会社の同僚が同行してもよいか」と聞くと、「同行してほしい」13.8%、「同行してもよい」23.3%、「プライベートと切り分けができればよい」31.2%、「同行してほしくない」31.7%で、計7割近くが、ワーケーションに同僚が同行することを受け入れる姿勢を見せた。

 

そこで「ワーケーションに会社の同僚が同行してもよい理由」を聞くと、「コミュニケーションが深まる」54.6%、「仕事がはかどると思う」42.9%、「安心だから」33.3%が上位だった。

 

さらにワーケーションとの比較で、「社員旅行」(慰安や社員親睦を目的に基本的に全社員で出かける旅行、業務は行わない)についてまず経験の有無を聞くと、「ある」44.4%、「ない」55.6%だった。

「従来の社員旅行とチームメンバーと同行するワーケーションのどちらに参加したいか」という質問では、「社員旅行」9.7%、「どちらかといえば社員旅行」24.9%で計34.6%、「ワーケーション」19.1%、「どちらかといえばワーケーション」46.3%で計65.4%となり、ワーケーションを選択した人が多かった。“どのみち会社絡みなら、仕事の延長と割り切ったワーケーションのほうがいい”といった心理があるのかもしれない。

 

調査概要

  • 【調査対象】全国の20代~50代の男女
  • 【調査方法】インターネット調査
  • 【調査期間】2021年3月8日~10日
  • 【回答数】1,000人(リモートワークが可能な企業に勤める会社員900人(内、人事・労務担当者100人)・リモートワークが可能な企業の経営者100人)
よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

フィーチャーフォン
高機能ケータイ電話を指す呼び方。 主に海外で、電話の機能だけをもったケータ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]