ネットショップで効率的に集客するには?有料と無料の方法全部教えます!

ネットショップを始めて多くの人が悩むポイントが、「どのように集客すればよいか」です。ネットショップの集客方法はさまざまで、自社にあう方法を組みあわせていく必要があります。また、集客には有料のものと無料のもの、即効性のある施策と時間がかかる施策にわけられます。この記事では、ネットショップの集客方法について詳しく解説します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

(目次)

  • ネットショップの集客方法の大分類
  • 有料で短期的に効果が出やすい集客方法
  • 有料で長期的に効果が出やすい集客方法
  • 無料でできる集客方法
  • まとめ

この記事は、ネットショップかんたん作成のshop byが運営するオウンドメディア「ECナレッジ」から転載しています。  https://shopby.jp/ecknowledge/ 

ネットショップ集客方法の大分類

ネットショップの集客方法は、おもに「無料か有料か」、「短期的か中長期的か」によって分類されます。

■無料か有料か

集客方法には、広告掲載などのために費用を支払う必要がある有料の施策と、ブログやSNS運用など自社の力だけで運営できる無料の施策があります。どちらが優れているというわけではないため、双方をバランスよく活用することをおすすめします。

■短期的か中長期的か

有料・無料に限らず、各施策によって成果が出るまでの期間は異なります。短期的な施策ばかりだと長続きせず、長期的な施策だけだとキャッシュフローが悪化する可能性もあります。そのため、短期的・長期的な施策を上手に組みあわせる必要があります。

こちらもチェック
ネットショップの売上を安定して獲得するには?集客・接客・追客にわけて販促手法を紹介|ECナレッジ
 

有料で短期的に効果が出やすい集客方法

有料で短期的な集客方法としては、3つの広告が挙げられます。以下では、それぞれの広告について詳しく解説します。

■リスティング広告

リスティング広告とは、検索連動型広告とも呼ばれています。検索エンジンの検索結果の上位に広告を表示させる方式です。検索したキーワードと連動して表示させる仕組みのため、商品名やサイト名などを認知しているユーザーに対して、効果が高い広告です。

特徴は、キーワード設定によってコストが変わるということです。たとえば、検索される回数の多いビッグキーワードほど費用は高額になります。そのため、複合キーワードを活用し、ほかのショップと差別化するとよいでしょう。複合キーワードとは、「ネットショップ 送料無料」などのように複数のキーワードを組みあわせたものです。

即効性があり高い効果が出る可能性もありますが、キーワード選びが難しく失敗するケースも多いです。

■アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、成果報酬型の広告です。第三者であるアフィリエイターに、自社の商品や自社サイトなどを紹介してもらいます。アフィリエイト広告では、商品の購入といったコンバージョンを達成した場合にのみ、費用がかかります。そのため、費用対効果の高い広告だといえるでしょう。

ただし、広告費を支払うための承認手続きなどが必要で、管理に手間がかかってしまいます。また、アフィリエイターが紹介したいと思うような魅力的な画像やバナー素材を複数作成する必要があり、デザインセンスなども求められます。

代表的なサービスには、A8.netやバリューコマースなどがあります。初期費用や月額料金はサービスにより異なるので比較サイトなどで調べてみるとよいでしょう。中には無料でできるものもあります。

■SNS広告

SNS広告とは、Facebook・Instagram・TwitterなどのSNSに広告を掲載する方法です。SNSのタイムライン上に広告が掲載されるため、ユーザーの目に入る可能性が高くなります。

SNS広告は、ターゲティングできることがメリットです。自社に対して興味がありそうな人に絞り込んで出稿することで、広告に反応してもらえる確率が高まります。そのため、年齢層・性別・興味関心などを参考にし、商品にあわせた細かなターゲティングが重要です。

 

有料で長期的に効果が出やすい集客方法

有料で長期的に効果が出る集客方法は大きく分けて3つです。以下では、それぞれの集客方法について解説します。

■動画広告

動画広告は見る人の共感を得やすい広告として知られています。静止画だと細かな情報を伝えきれないような商品や、詳しい使い方などを説明したいときに向いています。たとえば、ファッションアイテムの生地感や着心地をアピールする、アクアリウム関連商材であれば水槽のメンテナンス方法などを動画にして説明すると効果的です。

どのような動画にすればよいか分からない場合は、ブログで人気の高い記事を動画にして広告するのもよいでしょう。また、クリック先のランディングページ(LP)も重要です。動画内容とLPがマッチしていないとすぐに離脱されてしまう可能性が高まるため、動画内容を意識してLPの作成を心がけましょう。

■ディスプレイ広告(未訪問客)

ディスプレイ広告(未訪問客)とは、特定のWebサイト上に広告を表示する方法で、ターゲットを指定して配信します。掲載先は、ターゲットの年齢層・性別・趣味嗜好などにあわせて設定可能です。ディスプレイ広告の表示先は、サイトのテーマといったトピックや具体的なサイト名で指定できます。

そのため、自社の商品と関連性があるトピックを選び、自社のターゲットとするユーザーの利用が多いサイトなどを指定するとよいでしょう。このような工夫によってユーザーが興味を持っている内容の広告が表示されるため、クリック率などが高くなり、コンバージョンにつながる可能性が高くなります。潜在的なターゲット発掘にも有効で、自社の認知度を高めたい場合にも有効です。

■ディスプレイ広告(リターゲティング)

ディスプレイ広告(リターゲティング)とは、Webサイトに訪問したものの購入にまで至らなかった人に対する広告です。「Google AdWords」や「Yahoo!ディスプレイアドネットワーク」の提携サイトに広告が表示されます。ユーザーが自社サイトから離脱し、これらの提携サイトを訪問した際に広告が表示されるため、自社の商品などの印象が残りやすくなります。

ユーザーは年齢層・性別・趣味嗜好などによりターゲティングできるため、クリック率の向上が見込めます。また、それぞれのユーザーにあわせて過去に閲覧した商品を表示するなど、パーソナライズも可能です。ただし、クリック先のLPの内容が不十分だと、逆に悪印象を与えてしまう可能性があるため注意しましょう。

ネットショップの集客方法
 

無料でできるネットショップの集客方法

無料でできるネットショップの集客方法は、大きく分けて4つあります。ここでは、それぞれの方法について解説します。

■ブログ(自社サイト内)

自社サイト内のブログで集客する方法です。ブログで集客するコツとしては、商品についての補足的な情報や使い方のポイント、役立つノウハウといったユーザーが求めている情報を書くことです。充実した内容のブログは、ファンの獲得やSNSでの拡散にもつながります。

ブログを運営し効果的に集客するためには、執筆担当者に一定の知識が必要となります。商品やサービスについて知識がなければよい企画や記事を書くのが難しいため、執筆担当者の選定は慎重に行いましょう。

また、1記事1テーマに絞った記事作りも重要です。これによって、ブレがなく分かりやすい内容になり、ユーザーにとって読みやすい記事になります。また、地道に記事数を増やすことでSEO効果も高まります。

■SEO

SEOとは、検索エンジン最適化のことです。検索エンジンでは、検索窓に入力されたキーワードに対してマッチするWebサイトが表示されます。この際、検索結果の上位に表示されるようにする施策がSEOです。Webサイト自体を改善してGoogleからの評価を高めていくことにより、自社のWebサイトが上位表示されます。

評価されるポイントとしては、パンくずリストやアンカーテキストを設定し分かりやすい構成を心がける、商品ページの内容が充実している、Webサイトのタイトルや説明文などにキーワードを含めるといったことが挙げられます。また、更新がされていないと評価が下がるため、定期的に記事をアップしたり最新情報の告知をしたりして、できるだけこまめに更新していきましょう。

■SNS運用

SNSで自社アカウントを作成し、ユーザーとのコミュニケーションを取るのも集客方法のひとつです。SNSでは直接的な商品の販売ではなく、ユーザーとの良好な関係を長期に構築していくことを重視しましょう。

SNSは、共感と双方向のコミュニケーションが特徴です。そのため、どのようにすれば共感し拡散してもらえるのか、良好で円滑なコミュニケーションができるかなどをしっかりと考えましょう。また、テキストだけでなく写真などの画像を用いてインパクトを与えたり、ユーザーの目に留まりやすくしたりする対策も重要です。

SNSでユーザーからの生の声が収集されることで、商品開発やサービス改善、マーケティング施策の立案などに活かしやすいです。

■メルマガ

メルマガは、主に既存ユーザーを対象とする施策で、一度の配信ではなく、継続して配信し続けていくことにより効果が出る方法です。費用対効果はあまり高くないため、ある程度高額な商材や年に数回は購入されるようなリピート商材などに向いています。

よく利用される方法としては、商品注文後に送信するステップメールが挙げられます。ステップメールとは、商品の発送が完了し実際に利用したタイミングでメールを送り、商品のレビュー投稿を促したり、その送信から数週間後にクーポン配布やお得なキャンペーンなどの案内を送信、Webサイトへの再訪問や商品の再購入などを促したりします。
 

まとめ

ネットショップの集客方法は、有料と無料、短期と長期のものがあります。どれか1つに特化するのではなく、それぞれの方法をバランスよく組みあわせて運用しましょう。

NHN COMMERCE JAPAN株式会社が提供するshop by(ショップバイ)は、初期費用と月額料金が不要で簡単に作成できるネットショップ作成ツールです。無料でありながらテンプレートが充実しており、専門知識がなくても細かいアレンジができるデザイン性の高さも魅力です。商品が購入されるまでコストはかからないため、ネットショップの開設を考えているならぜひ利用してみてください。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
関連語 の「Google Webmaster Central」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]