デザインを妥協せずコンバージョンをあげる5つの基本

デザインを妥協せずコンバージョンをあげる5つの簡単な方法を伝授致しします!
よろしければこちらもご覧ください

【上手く記事が表示されない場合は以下のURLまでお越しください】
http://growthhackjapan.com/2013-12-12-5-tips-for-designers-to-optimize-c...
 

 

 

あなたがデザインしたウェブサイト、マーケティング理論やデータを無視したオナニー作品になっていませんか?

 

 

とにかく売上を上げたいマーケティング担当者と美を追求するデザイナーの間に意見の食い違いがあるのは当然ですが、ウェブサイトの訴求力を最適化するという目標は共有できているはずです。

 

ウェブサイトの訴求力を図る上で最も重要な指標のひとつにはコンバージョンレート(CVR)があり、デザイナーもウェブサイトのビジュアルインパクトや美的センスとは別に、CVRに注意を向ける必要があるのです。

 

 

とはいえデザインを妥協したくない思いはプロフェッショナルとして当然。

 

そこで本日は、デザインに強いこだわりのあるデザイナーでも最小限の妥協でコンバージョンレートを最適化出来る5つの簡単な方法をお伝えします!

 

 

パラドックス・オブ・チョイスを理解する

 

パラドックス・オブ・チョイスというマーケティング理論をご存知でしょうか?

 

消費者はより多くの選択肢(チョイス)を求める一方で、いざ選択肢を目の前にするとどれか1つを選べないという逆理を パラドックス・オブ・チョイスと呼びます。

 

多種多様なケーキが並んでいるとウキウキする半面、1つを選べと言われるとまごまごしてしまいますよね?

 

同じように、ウェブサイトの最終地点(コンバージョンページ)への導線も 、最小限に絞るべきということなんです。

 

 

留学斡旋会社のホームページの例を取ってみましょう。

 

  • ・メールお問合せ
  • ・電話お問合せ
  • ・資料請求
  • ・無料カウンセリングの申込み
  • ・留学セミナー

 

1ページの中にこれだけの選択肢が存在した場合、どれを選べばいいのか思わず迷ってしまいますよね?

 

最適化の方法はケースバイケースですが、例えば

 

  • ・電話・メールお問合せの過去データを基に、コンバージョンレートの高い方だけを残す
  • ・「無料カウンセリング(資料請求)をご希望の方はこちらをクリック!」のようなバナーを使ってメール問合せと結合する

 

ことで選択肢を絞ることが可能です。

 

 

商品イメージを上手に利用する(通販)

 

SEOを意識するマーケティング担当者はテキストを多用したい一方、デザイナーからしたら文字ばかりのウェブサイトなんてもってのほか。

 

ユーザーからしても文字ばかりのウェブページは使い勝手が悪く、デザイナーの意見ももっともです。

 

 

マーケティング担当者をなだめながらデザイン性を保つために、商品イメージをうまく活用しましょう。

 

実際に商品を体験できないウェブサイトでは、商品イメージのクオリティと多様性がコンバージョンを左右します。

 

画質はもちろん、多方面から撮影してみるなど、商品イメージの掲載に工夫を凝らしましょう。

 

 

無地のスペースを設ける

 

商品購入やお問合せをするユーザーは、なにもウェブサイトに入ってすぐ購入やお問合せを即決するわけではありません。

 

コンバージョンに繋がるユーザーは必ず一度サイト内で立ち止まり、考え、その末にコンバージョンページヘの経路を辿っていくのです。

 

 

デザイン性の高い画像やページ構成でウェブサイトを装飾したい気持ちも分かりますが、ユーザーが立ち止まる隙を必ず各ページに与えましょう。

 

なにも難しいことではなく、ページ内に存在する各情報の隙間に無地のホワイトスペースをバランスよく設けるだけでもコンバージョンに与える効果は大きいんです!

 

 

ユーザーがたどる導線を考慮する

 

数々のウェブサイトを見てきましたが、パンくずやフッター部分のデザインを疎かにするデザイナーって結構多いように思います。

 

パンくずやフッターが設定されていないケースも多々有り、ユーザーの行動を完全に無視していると言っても過言ではありません。

 

 

(特に初めてウェブサイトに訪れる)ユーザーは、

 

  • 自分がどこにいるのか
  • このページからどこに飛べるのか

 

を把握する必要があります。

 

そのために欠かせないパンくず、フッター、関連商品の紹介などはデザイン全体を見ても重要な箇所であり、デザイナーとして確実に意識したいところです。

 

客観的評価の見せ方を工夫する

 

 

ウェブに対するリテラシーが高まる昨今、「この商品すごいんです!」、「買わなきゃ損!」なんて押し売りはもはや通用しません。

 

ウェブサイトを訪れるユーザーは、通常の商品紹介以上に外部から見た正当な商品の評価を購入やお問いわせの判断材料として重視しており、客観的評価の見せ方をしっかり工夫することが求められているのです。

 

 

実際によく見る悪い例として、

 

  • ・レビューがランディングページの最下部に設置してある
  • ・レビューがいかにも嘘臭い
  • ・実績の紹介がテキスト表示で目立っていない

 

などが挙げられます。

 

 

1つでも当てはまる場合には、

 

  • ・ページに入ってすぐの位置にレビューを表示
  • ・適当な文章ではなく、本当の顧客の意見を反映する。レビュー部分のフォントサイズや種類を誇張しすぎない。
  • ・カンパニーロゴの利用許可を取る

 

などの対策を今すぐ取りましょう!

 

 

まとめ

  • ・コンバージョンレートは、デザインを妥協せずとも改善が可能です。
  • ・デザインを専門に扱っている場合にも、一度マーケティング目線でデザインを再考するとデザインの可能性が更に拡大するでしょう。

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

あなたがデザインしたウェブサイト、マーケティング理論やデータを無視したオナニー作品になっていませんか?

 

 

とにかく売上を上げたいマーケティング担当者と美を追求するデザイナーの間に意見の食い違いがあるのは当然ですが、ウェブサイトの訴求力を最適化するという目標は共有できているはずです。

 

ウェブサイトの訴求力を図る上で最も重要な指標のひとつにはコンバージョンレート(CVR)があり、デザイナーもウェブサイトのビジュアルインパクトや美的センスとは別に、CVRに注意を向ける必要があるのです。

 

 

とはいえデザインを妥協したくない思いはプロフェッショナルとして当然。

 

そこで本日は、デザインに強いこだわりのあるデザイナーでも最小限の妥協でコンバージョンレートを最適化出来る5つの簡単な方法をお伝えします!

 

 

パラドックス・オブ・チョイスを理解する

 

パラドックス・オブ・チョイスというマーケティング理論をご存知でしょうか?

 

消費者はより多くの選択肢(チョイス)を求める一方で、いざ選択肢を目の前にするとどれか1つを選べないという逆理を パラドックス・オブ・チョイスと呼びます。

 

多種多様なケーキが並んでいるとウキウキする半面、1つを選べと言われるとまごまごしてしまいますよね?

 

同じように、ウェブサイトの最終地点(コンバージョンページ)への導線も 、最小限に絞るべきということなんです。

 

 

留学斡旋会社のホームページの例を取ってみましょう。

 

  • ・メールお問合せ
  • ・電話お問合せ
  • ・資料請求
  • ・無料カウンセリングの申込み
  • ・留学セミナー

 

1ページの中にこれだけの選択肢が存在した場合、どれを選べばいいのか思わず迷ってしまいますよね?

 

最適化の方法はケースバイケースですが、例えば

 

  • ・電話・メールお問合せの過去データを基に、コンバージョンレートの高い方だけを残す
  • ・「無料カウンセリング(資料請求)をご希望の方はこちらをクリック!」のようなバナーを使ってメール問合せと結合する

 

ことで選択肢を絞ることが可能です。

 

 

商品イメージを上手に利用する(通販)

 

SEOを意識するマーケティング担当者はテキストを多用したい一方、デザイナーからしたら文字ばかりのウェブサイトなんてもってのほか。

 

ユーザーからしても文字ばかりのウェブページは使い勝手が悪く、デザイナーの意見ももっともです。

 

 

マーケティング担当者をなだめながらデザイン性を保つために、商品イメージをうまく活用しましょう。

 

実際に商品を体験できないウェブサイトでは、商品イメージのクオリティと多様性がコンバージョンを左右します。

 

画質はもちろん、多方面から撮影してみるなど、商品イメージの掲載に工夫を凝らしましょう。

 

 

無地のスペースを設ける

 

商品購入やお問合せをするユーザーは、なにもウェブサイトに入ってすぐ購入やお問合せを即決するわけではありません。

 

コンバージョンに繋がるユーザーは必ず一度サイト内で立ち止まり、考え、その末にコンバージョンページヘの経路を辿っていくのです。

 

 

デザイン性の高い画像やページ構成でウェブサイトを装飾したい気持ちも分かりますが、ユーザーが立ち止まる隙を必ず各ページに与えましょう。

 

なにも難しいことではなく、ページ内に存在する各情報の隙間に無地のホワイトスペースをバランスよく設けるだけでもコンバージョンに与える効果は大きいんです!

 

 

ユーザーがたどる導線を考慮する

 

数々のウェブサイトを見てきましたが、パンくずやフッター部分のデザインを疎かにするデザイナーって結構多いように思います。

 

パンくずやフッターが設定されていないケースも多々有り、ユーザーの行動を完全に無視していると言っても過言ではありません。

 

 

(特に初めてウェブサイトに訪れる)ユーザーは、

 

  • 自分がどこにいるのか
  • このページからどこに飛べるのか

 

を把握する必要があります。

 

そのために欠かせないパンくず、フッター、関連商品の紹介などはデザイン全体を見ても重要な箇所であり、デザイナーとして確実に意識したいところです。

 

客観的評価の見せ方を工夫する

 

 

ウェブに対するリテラシーが高まる昨今、「この商品すごいんです!」、「買わなきゃ損!」なんて押し売りはもはや通用しません。

 

ウェブサイトを訪れるユーザーは、通常の商品紹介以上に外部から見た正当な商品の評価を購入やお問いわせの判断材料として重視しており、客観的評価の見せ方をしっかり工夫することが求められているのです。

 

 

実際によく見る悪い例として、

 

  • ・レビューがランディングページの最下部に設置してある
  • ・レビューがいかにも嘘臭い
  • ・実績の紹介がテキスト表示で目立っていない

 

などが挙げられます。

 

 

1つでも当てはまる場合には、

 

  • ・ページに入ってすぐの位置にレビューを表示
  • ・適当な文章ではなく、本当の顧客の意見を反映する。レビュー部分のフォントサイズや種類を誇張しすぎない。
  • ・カンパニーロゴの利用許可を取る

 

などの対策を今すぐ取りましょう!

 

 

まとめ

  • ・コンバージョンレートは、デザインを妥協せずとも改善が可能です。
  • ・デザインを専門に扱っている場合にも、一度マーケティング目線でデザインを再考するとデザインの可能性が更に拡大するでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]