AppleとGoogleがBluetoothの追跡装置向け規格「不要な位置情報トラッカーの検出」を作成

「iOS」「Android」機器が知らないままユーザーの追跡に使われている際に両方で警告可能

AppleとGoogleは、Bluetoothの追跡装置向け業界規格「Detecting Unwanted Location Trackers」(不要な位置情報トラッカーの検出)を共同で作成した、と5月13日発表した。アップルの「iOS」、グーグルーの「Android」を搭載した機器が知らないままユーザーの追跡に使われている際、iOSとAndroidの両方でユーザーに警告できる。

持ち物を追跡するように設計された装置の悪用を減らすことに役立つ。不明なBluetoothの追跡装置がユーザーとともに移動している場合、その装置とペアリングしているプラットフォームに関わりなく、ユーザー自らの機器で警告が受け取れるようになる。警告は「[追跡アイテム]はあなたと一緒に移動しています」と表示される。

こうした警告をiOS搭載機器で受け取った場合は、Appleの紛失防止装置「AirTag」やアプリ「探す」に対応しているアクセサリ、その他のBluetooth追跡装置がユーザーとともに移動していることを意味する。Appleは、この機能を実装したiOS「17.5」の提供を開始した。Googleは、Androidの「6.0」以降を搭載する機器に導入する。

ロゴ
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトアウト
個人情報取扱事業者による個人情報の第三者提供に際して、本人が事業者に対して、その ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]