東京メトロが忘れ物通知の「Tile」導入、「お忘れ物総合取扱所」にアクセスポイント設置

忘れ物防止タグのTile付き鍵や財布が届けられるとスマホアプリに位置情報を自動通知

東京地下鉄(東京メトロ)は、忘れ物通知サービス「Tile(タイル)」を導入する、と12月20日に発表した。飯田橋駅構内の「お忘れ物総合取扱所」に「Tileアクセスポイント」を12月24日に設置する。総合取扱所にスマートトラッカー(忘れ物防止タグ)のTileを付けた鍵や財布の忘れ物が届けられ、Tileアクセスポイントに近づくとBluetoothで自動接続し、クラウド経由で位置情報が持ち主のスマートフォンのTileアプリに通知される。

 

米国Tileのスマートトラッカー製品と探し物検索サービスを、ソフトバンクグループでICTやクラウド事業のSB C&Sが日本輸入総代理店として提供している。東京メトロ線内の忘れ物が集約されるお忘れ物総合取扱所にSB C&Sが運用するTileアクセスポイントが設置されることで、Tile製品が付いた忘れ物から持ち主に自動的に通知され、持ち主が早期に発見できる。東京メトロは、Tileの導入で遺失物返却率の向上を目指す。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キャンペーン
企業の広告宣伝や販促などの目的で、ある切り口で、ある期間に、あるテーマ・メッセー ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]