政府が新型コロナワクチン「接種証明書アプリ」を提供開始、国内用と海外用を取得可能

「マイナンバーカード」と「NFC Type B対応」端末が発行に必要、海外用はパスポートも

デジタル庁は、政府が公式に提供する「新型コロナワクチン接種証明書」を取得できるアプリ「接種証明書アプリ」の提供を12月20日から始めた、と同日発表した。「App Store」か「Google Play」で「接種証明書アプリ」と検索してインストールすると、日本国内用と海外用の新型コロナワクチン接種証明書を取得することができる。

新型コロナワクチン接種証明書アプリ(App Storeから)

新型コロナワクチン接種証明書は、日本の予防接種法に基づいて各市区町村で実施された新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明する「デジタル証明書」。氏名や生年月日、接種記録(ワクチンの種類、接種年月日、ロット番号など)が記載され、海外用ではパスポートの国籍や旅券番号が記載される。アプリを起動すればいつでも表示する。

日本国内用の発行には「マイナンバーカード」とマイナンバーカードの「券面入力補助用暗証番号(カード受取の際に設定した4桁の数字)」が必要で、海外用の発行にはさらにパスポートも必要。動作環境はマイナンバーカードが読み取れる「NFC Type B対応」の端末と「iOS 13.7」以上か「Android 8.0」以上。接種証明書を二次元コードで表示できるが、氏名や生年月日、接種記録など個人情報が含まれるので取り扱いに注意が必要だ。
 

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]