「収入と貯蓄」に関する考えを6年前と比較、「20~30代未婚男性」の目立つ特異性【アスマーク調べ】

20~30代未婚男性で“貯蓄しない層”が大幅増、収入にも満足しているが同年代女性は不満が増加。

アスマークは「収入と貯蓄に関する調査(2021年)」の結果を発表した。2015年に公開した「収入と支出に関するアンケート調査」から収入・貯蓄に関する項目をピックアップして、2021年版として調査を実施し比較を行っている。回答サンプル数は800人。

男性20~30代未婚層で「貯蓄をしない」人が大幅に増加

まず、「現在の貯蓄総額」(土地や株や資産など、現金ではない資産は除く)を聞くと、2015年度に比べ、貯蓄総額が少ない(200万円未満)層が、かなり減少している。性年代・未既婚別でみると、「男性20~30代既婚」「女性20~30代未婚」「女性40~50代既婚」層で貯蓄総額が増加傾向を見せた。

現在の貯蓄総額

そこで「毎月の貯蓄額」(ボーナスを除く1か月平均)を聞くと、「1万円未満」層が少なくなっていた。性年代・未既婚別では「女性40~50代未婚」で額面が伸びている。一方で、「男性20~30代未婚」は、10.0%→24.0%と「貯蓄をしない」層が大幅に増加したことが明らかとなった。

毎月の貯蓄額

そこで「貯蓄をしている理由」を選択式(複数選択可)で聞くと、「老後資金のため」が増加しており、特に既婚者での増加傾向が顕著だった。しかしここでも「男性20~30代未婚」が唯一、老後資金のために貯蓄をする傾向が低くなっていた。

貯蓄をしている理由

最後に「自身の収入に対する満足度」を選択式で聞くと、不満が減少傾向だったが、満足している人は増えておらず、中間層が目立つ脚気となった。ここで「男性20~30代未婚」を見ると、収入への満足度が高まっていることも明らかとなった。一方同年代である「女性20~30代未婚」は満足度が低くなっており、差異が目立つ結果となった。

自身の収入に対する満足度

調査概要

  • 【調査対象】全国の20~50代男女有職者(未婚・既婚は、離死別を除く)
  • 【調査方法】Webアンケート
  • 【調査時期】2021年11月4日~8日
  • 【サンプル数】800
これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]