転職で重視するのは「働き方」vs「給料」? 転職先に求めることは「ゆるさ」が9割弱【ライボ調べ】

「キャリアアップのためには転職が必要」が8割以上。転職条件として重視しているのは?

ライボは「2024年 転職条件の実態調査」を実施した。転職時に優先することや求める企業風土について、603人の社会人男女に聞いている。

転職で優先することは「給料」よりも「働き方」が優勢

転職時に優先すること

まず、転職先を決める際、働き方と給料どちらを優先するかを聞くと、「働き方」が65.8%を占めた。年代別では20代の「働き方優先派」が71.1%で最も多く、ついで40代、30代と続いた。

キャリアは企業風土に左右されるか/左右されると思う理由

また、キャリアが企業風土に左右されると思うかを聞くと、「左右されると思う」が83.6%にのぼった。理由としては、「会社の厳しさ/ゆるさは自分で変えられない」が52.0%で最も多く、「成長へのサポート体制が会社によって異なる」「職務やプロジェクトへの参加機会が会社毎異なる」などが続いた。

職場のゆるさ/厳しさの定義

ついで、「職場のゆるさ」の定義を聞くと、「出退勤時間・働き方が自由」が55.4%、「服装や髪型などの自由度がある」が45.1%、「ワークライフバランスが保たれている」が44.6%で上位となった。

一方で「職場の厳しさ」の定義としては、「失敗への厳しい対応や批判がある」が50.7%、「業務への高い要求とプレッシャーがある」が50.6%、「強い成果主義」が48.8%となった。

転職先に求めることは「ゆるさ」が9割弱で圧倒的

キャリアアップのための転職の必要性/転職する際の企業に求める風土

キャリアアップのために転職は必要だと思うかという質問では、「必要だと思う」が81.7%で多数派に。転職する際に求める企業風土としては、「ゆるさを求める」が86.7%と圧倒的だった。

転職する際に企業に求める風土

年代別で見ると、「ゆるさを求める」は40代が89.6%で最多に。ついで20代、30代と続いた。転職回数別に見ると、「5回以上」の人の「ゆるさを求める派」が93.0%にのぼった。

ゆるさ・厳しさを選ぶ理由

転職先にゆるさを求める理由としては、「プレッシャーやストレスが軽減される」が65.1%、「ワークライフバランスが確保できる」が61.9%で上位に。一方で、厳しさを求める理由としては「報酬とキャリアアップの可能性がある」が46.4%で最多だった。

調査概要

  • 【調査対象】現在職を持つすべての社会人、JobQ Town(ジョブキュータウン)登録者
  • 【調査条件】全国 / 男女 / 20~50代
  • 【調査期間】2024年2月7日~2月13日
  • 【有効回答数】603人
  • 【調査方法】インターネット調査
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]