ハラスメントの境界線はどこ?「〇〇ハラ増加時代」は生きにくいという人が7割【ライボ調べ】

本音では「ハラスメントをみんな気にしすぎ」という人が過半数。

ライボの調査機関であるJob総研は、「2024年 ハラスメントの境界線調査」の結果を発表した。ハラスメントの境界線の認識、ハラスメントへの敏感さと年代別割合、さらに「〇〇ハラ」が増加する時代への賛否など、社会人男女587人が回答している。

〇〇ハラは時代の要請? 敏感になっているが生きにくさを感じる

まず「ハラスメントの境界線」について聞くと、「正しく認識している」26.2%、「認識しているつもりだが正しいかは曖昧」47.7%、「なんとなく認識している」21.3%、「まったく認識していない」4.8%となった。一般には悪意のない言動でも相手が不快に思った場合、ハラスメントは成立するとされている。

「ハラスメントの境界線への自身の意識」では、「とても高くなっている」13.8%、「高くなっている」17.4%、「どちらかといえば高くなっている」22.4%と“高くなっている”とした人が半数を超えた。

また「職場でのコミュニケーションの際のハラスメント意識」を聞くと、「とても敏感になっている」22.8%、「敏感になっている」24.9%、「どちらかといえば敏感になっている」33.6%で8割を超える。

一方で「ハラスメントの風潮への意識」を聞くと、「とても気にしすぎだと思う」10.9%、「気にしすぎだと思う」13.5%、「どちらかといえば気にしすぎだと思う」32.4%で、“気にしすぎだ”という人が半数を超える。

「職場で他人の発言がハラスメントかどうかが気になる」という462人に「特に神経を使う話題」を聞くと、「外見や体型に関する内容」61.0%が最多。以下「家族や個人的な問題に関する内容」55.2%、「性別に関する内容」52.2%が続いた。

「〇〇ハラが増加する時代との向き合い方」を聞くと、“時代に合わせる”派が8割を超えた一方で、「〇〇ハラの増加に対する価値観」については、“生きにくい”派がほぼ7割を占めた。

調査概要

  • 【調査対象】現在職を持つ20~50代社会人男女
  • 【調査方法】インターネット調査。JobQ Town(ジョブキュータウン)登録者
  • 【調査時期】2024年2月14日~19日
  • 【有効回答数】587人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]