“仕事のやる気低下の季節”は「夏」が最多で4割超、逆にやる気向上最高は春・秋・冬のどれ?【ライボ調べ】

猛暑で夏バテなのにテレワークは終了、長期休暇が挟まってかえってやる気がなくなる人も?

ライボの調査機関であるJob総研は、「2023年 夏の働き方実態調査」の結果を発表した。夏の暑さによる仕事のやる気の減少度、および夏バテ経験と予防有無、仕事のやる気が高低する時期と原因、夏の理想と実際の働き方などについて、社会人男女743人が回答している。

夏バテ予防は「こまめに水分補給」「睡眠」「生活リズム調整」を

まず全員に「夏の暑さは仕事のやる気減少に影響するか」と聞くと、「とても影響する」37.4%、「影響する」30.3%、「どちらかといえば影響する」21.1%と、88.8%が「影響する」と回答した。「夏バテを起こし仕事に影響した経験があるか」を聞くと、「ある」51.8%で、わずかにある派が上回った。

「夏バテ予防の有無」では、「している」という人が72.8%。具体的な対策では「こまめに水分を補給する」64.5%、「睡眠をしっかりとる」62.0%、「生活リズムを整える」56.0%が上位だった。

また「仕事のやる気がもっとも低下する季節」を聞くと、「夏」46.1%と圧倒的に多く、「特にない」21.9%がそれに続いた。そのほかは「冬」18.6%、「春」8.6%、「秋」4.8%で、秋は春の半分ほど。思った以上に秋にやる気がマックスになる人が多いようだ。なお夏にやる気が低下する342人に主な理由を聞くと「気温が上がるから」88.6%をほとんどの人があげており、「連休があるから」5.9%、「期が変わるタイミングだから」3.8%がわずかながら見られた。

調査概要

  • 【調査対象】現在職を持つ20~50代社会人男女
  • 【調査方法】インターネット調査。JobQ Town(ジョブキュータウン)登録者
  • 【調査時期】2023年7月26日~31日
  • 【有効回答数】743人
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クリック課金
クリックされるたびに広告費が発生するタイプの広告。インターネット広告における広告 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]