老後資金はいくら必要? いつから貯めるべき? 8割以上の人が“老後不安”を感じている【ライボ調べ】

月3万の貯金じゃ足りない? 「老後2,000万円問題」への意識が高まっている。

ライボは、「2024年 老後資金の意識調査」を実施した。定年後のための貯蓄や現在の投資・資産運用などについて、20~50代の社会人男女660名に聞いている。

社会人の約2人に1人が「すでに老後資金を貯め始めている」

老後資金の貯蓄有無

まず、老後資金を貯蓄しているかを聞くと、52.0%の人が「貯め始めている」と回答した。年代別でみると、50代では62.8%、40代では53.6%がすでに貯蓄を開始していると答えており、年齢が上がるほど高い結果となった。

投資・資産の運用有無

現在、投資・資産運用をしているかを聞くと、いずれかを運用している人は合計で75.1%にのぼった。年代別では30代が79.5%で最も多く、ついで40代、20代と続いた。

投資・資産運用の種類/投資・資産運用の1カ月あたりの額

運用の種類としては「NISA・つみたてNISA」が65.1%で最多に。以下「株式」が35.7%、「投資信託」が33.1%となった。1ヶ月に投資・資産運用に回す額の平均は8.8万円で、中央値は3万円となった。

銀行貯金から投資・資産運用への移行経験/運用の理由

また、銀行貯金から投資・資産運用に移行した経験があるかを聞くと、「移行した」が78.8%で多数派に。資産運用を行っている理由としては、「老後の蓄え」が49.4%と圧倒的だった。

安心できる老後資金は「中央値2,500万円」、貯蓄開始は「平均33.1歳」

老後資金への不安/不安な理由

老後資金に対する不安があるかを聞くと、合計で82.3%の人が「不安がある」と回答。理由としては、「年金の受給有無」が68.3%で最も多く、ついで「物価高騰による生活費の増加」「健康保険や医療費の増額」が上位となった。

不安がなくなる老後資金額/貯蓄開始の歳

老後資金がいくらあれば不安がなくなるかを聞くと、平均額は4,040.3万円、中央値は2,500万円という結果に。また、老後資金を蓄え始めるべき年齢としては、平均は33.1歳、中央値は30歳となった。

調査概要

  • 【調査対象】現在職を持つすべての社会人 JobQ Town(ジョブキュータウン)登録者
  • 【調査条件】全国 / 男女 / 20~50代
  • 【調査期間】2024年1月3日~1月9日
  • 【有効回答数】660人
  • 【調査方法】インターネット調査
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

視聴率
あるエリアにおいて、あるテレビ番組やコマーシャルがどれくらい視聴されているかを示 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]