新NISAの利用率4割に迫る、つみたて投資枠での毎月の平均積立額は「60,689円」と高い傾向【オカネコ調べ】

主な利用目的は「余剰資金の増加」「老後資金への備え」。

400Fが運営する家計診断・相談サービス「オカネコ」は、「新NISAの利用意向」に関する調査結果を発表した。オカネコのユーザー1,594人がアンケートに回答している。

NISA(Nippon Individual Savings Account、ニーサ)は個人投資家のための税制優遇制度。株式・投資信託の利益に税金がかからないのが特徴。これまでのNISAでは口座開設期間が定められていたが、2024年以降の「新NISA」では、口座開設期間が恒久化され、いつでも口座開設が可能となる。

制度理解や手続きのハードルが高い? 利用できていない半数が回答

まず「2024年1月から新しいNISA制度が導入されたことを知っていますか?」と全体に聞くと、「知っている」86.6%、「知らない(アンケートで初めて知った)」と13.4%と認知度は高い。ただし「知っている」とした1,380人に内容の理解度を聞くと67.6%が「把握している」とした一方、32.4%が「把握していない」と回答している。

続いて全体に「新NISAを利用していますか?」と聞くと、「利用している」37.8%、「利用を検討している」20.0%、「利用していない」42.2%となり、4割近くがすでに新NISAを始めていた。

「利用している」と回答した602人に「利用の目的(複数回答)」を聞くと、「余剰資金を増やすため」69.9%、「老後の資金を貯めるため」63.5%が特に多い。自由回答では「非課税保有期間が無期限になったから」「制度改正が始めるきっかけになった」など新NISA制度に魅力を感じる声が多く上がった。

新NISAでは、つみたて投資枠の年間非課税投資枠が40万円(月3.3万円)から120万円(月10万円)に拡大した。そこで、利用している602人に「毎月の積立金額」を聞くと、「9万円以上~10万円未満」36.5%が最多で、毎月の積立平均額は「60,689円」と算出され、投資額が大幅アップしているようすがうかがえる。

一方で「新NISAを利用していない」と回答した167人に「利用していない理由」を聞くと、「新NISAを利用するまでの手続きが面倒・億劫だから」28.1%、「新しいNISA制度とこれまでのNISA制度の違いがわからず、具体的な行動に移せない」24.0%が上位。あわせて「投資・資産運用をしていない」と回答した506人に「していない理由」を聞くと、「資産運用の知識がなくやり方がわからない」44.7%が最多で、資金以前に情報収集・理解の重要性が浮き彫りとなった。

調査概要

  • 【調査対象】全国の『オカネコ』ユーザー
  • 【調査方法】Webアンケート
  • 【調査時期】2024年1月4日~7日
  • 【有効回答数】1,594人(20歳未満0.5%、20~29歳6.8%、30~39歳18.4%、40~49歳26.9%、50~59歳27.7%、60~69歳14.7%、70歳以上5.0%)
  • 【世帯年収】400万円未満28.2%、400万円以上600万円未満19.1%、600万円以上800万円未満16.6%、800万円以上1,000万円未満10.5%、1,000万円以上1,200万円未満6.5%、1,200万円以上9.1%、分からない10.0%
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]