2024年春からの新生活、6割が「投資」を開始!? そのうち3割が「月額10万円以上」【オカネコ調べ】

引っ越し費用平均は「302,941円」。

400F(フォーハンドレッド・エフ)が運営する家計診断サービス『オカネコ』は、「新生活の支出」に関する調査結果を発表した。この春(2024年3月~現時点)から新生活に対して『オカネコ』ユーザー男女1,102人が回答している。

回答者の世帯年収は、400万円未満28.9%、400万円以上600万円未満19.6%、600万円以上800万円未満14.9%、800万円以上1,000万円未満11.5%、1,000万円以上1,200万円未満6.0%、1,200万円以上8.0%、わからない11.2%。

投資を予定している人の3割が「月額10万円以上投資にお金をかける」

まず「新生活のスタートにともない、支出は増加します(しました)か?」と聞くと、75.8%が「はい」と回答。「支出の内容」では、「新生活用品の購入費用(家具・家電など)」63.4%、「教育費(入学費除く)」36.0%、「住宅の初期費用(敷金・礼金)・引越し費用」31.4%が上位だった。

「住宅の初期費用・引越し費用」と回答した54人に支出金額を聞くと、「10万円以上20万円未満」24.1%が最多で、「20万円以上30万円未満」18.5%、「10万円未満」14.8%が続き、平均金額は「302,941円」だった。

一方「新生活用品の購入費用」と回答した人の支出金額は、「10万円以上20万円以下」29.4%が最多で、「10万円未満」18.4%、「20万円以上30万円未満」18.4%、「40万円以上50万円未満」10.1%が続いた。もっとも高い購入品では「冷蔵庫」「洗濯機」など必需品である家電用品が多かった。

「この春(2024年3月~現時点)を機に始めたこと・始めてみたいこと、より一層お金を費やしたいこと」を聞くと、「投資」60.3%、「運動」37.8%、「食生活の改善」33.4%、「貯金」29.3%、「勉強」25.4%が上位。「投資」と回答した377人に「月額いくらお金をかけている、またはかける予定ですか?」と聞くと、「10万円以上」29.2%との回答が圧倒的に多かった。新NISAの影響もあり、年齢問わずこの春からの新生活を機に、かなりの額を投資する人が多いようだ。

一方で「貯金」と回答した人は183人で、月額「1万円以上2万円未満」24.6%を貯蓄するという人が最多。以下「1万円未満」18.6%、「2万円以上3万円未満」15.9%が続き平均金額は「36,803円」だった。

調査概要

  • 【調査対象】全国の『オカネコ』ユーザー
  • 【調査方法】Webアンケート
  • 【調査時期】2024年3月29日~4月1日(月)
  • 【有効回答数】1,102人(20代以下5.4%、30~39歳14.7%、40~49歳28.5%、50~59歳30.3%、60~69歳15.9%、70歳以上5.3%)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

オプトアウト
個人情報取扱事業者による個人情報の第三者提供に際して、本人が事業者に対して、その ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]