新NISA、認知度は8割を超えるも利用者は2割半ば。世帯年収が多い人ほど実施率が高い?【楽天インサイト調べ】

毎月いくら投資してる? 資産運用の実施状況を調査。

楽天インサイトは、「資産運用に関する調査」を実施した。資産運用の開始時期や開始理由、「新NISA制度」の認知状況などについて、20~69歳の男女1,000人に聞いている。

老後資金に不安? 20代では約4割が「NISA」を実施

資産運用の実施状況

まず、資産運用の実施状況を聞くと、「資産運用には取り組んでいない」が41.2%で最も多く、実施している人の中では「NISA」が31.6%で最多だった。男女別でみると、資産運用を実施している割合は男性が女性より約10ポイント高く、世帯年収別では、年収が多くなるほど実施率が高い傾向だった。

資産運用開始時期

資産運用を開始した時期を聞いたところ、「直近1年以内に開始した人(直近1カ月以内・3カ月以内・6カ月以内・1年以内)」の合計は24.1%となった。年代別でみると、20代では「直近1年以内に開始した人」の合計が48.9%にのぼり、全体よりも約25ポイント高かった。

資産運用を始めたきっかけ

資産運用を始めたきっかけを聞いたところ、「老後や将来の生活資金に不安を持った」が44.4%で圧倒的に多かった。直近1年以内に始めた人においては、「値上げや物価高で資産形成の必要を感じた」「家族や知人に勧められた」の割合が高かった。

毎月の積立投資金額は「20,000円以上~30,000円未満」が最多

積立投資の実施状況

資産運用を実施している人に対し、積立投資の実施状況を聞いたところ、「積立投資をしている」は約半数にのぼった。実施率は20代が73.4%で最も高く、年代が上がるにつれて低くなる傾向だった。

毎月の積立投資金額

毎月の積立投資金額を聞くと、中央値は「20,000円以上~30,000円未満」となった。世帯年収別でみると、400万円未満は中央値が「10,000円以上~20,000円未満」、400万円~800万円未満は「20,000円以上~30,000円未満」、800万円以上は「30,000円以上~40,000円未満」と、年収が上がるほど積立額も多くなるようだった。

「新NISA制度」の認知・利用状況

最後に「新NISA制度」の認知・利用状況を聞いたところ、「認知している」人の割合は82.4%と高かったが、「すでに利用している」は24.2%にとどまった。年代別では20代が最も高く、世帯年収が多い人ほど認知・利用している傾向だった。

調査概要

  • 【調査エリア】全国
  • 【調査対象者】20歳~69歳、男女
  • 【回収サンプル】1,000サンプルサイズ
  • 【調査期間】2024年1月15日(月)から1月16日(火)
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]