2021年に注目すべき12の最新技術ランキングとは?【ラックスリサーチ調べ】

ラックスリサーチは、今後10年間で世界に大きな影響を与えるだろう12の技術を発表した。
よろしければこちらもご覧ください

先端技術の事業性評価・動向調査を行うラックスリサーチは、「Foresight 2021:Top Emerging Technologies to Watch(2021年に注目すべき主要技術)」という報告書で、今後10年間で世界に最も大きな影響を与えるであろう12の技術を発表した。

独自開発のデータアナリティクスプラットフォーム「Tech Signal(テックシグナル)」によるデータ分析をもとに、自社の技術専門家であるアナリストが事業性などの最終的な技術評価を行い、ランキングを作成。1位から3位に選ばれた技術は以下の通りだ。

  1. 自動運転車
    自動運転におけるすべてのレベルで安全性向上と効率化への取り組みが行われており、一般向け自動車及び商用車の両方に取り入れられている。レベル4およびレベル5の自動運転車が実現すれば、運転者が必要なくなることから、モビリティ全般や物流を大きく変えることとなる。
     
  2. 自然言語処理(NLP)
    音声アシスタント、機械翻訳、チャットボットなどのサービスを支える自然言語処理は、特許数だけでも過去5年間で年平均44%増加しており、現在、年間3,000を超える特許が申請されている。
     
  3. プラスチックのリサイクル技術
    大手消費財メーカーでは、プラスチックのリサイクル率を高め、廃棄物をより付加価値の高い製品に転換できる技術イノベーションへの取り組みが盛ん。過去10年間に創立されたスタートアップでも、リサイクル技術開発を手がける会社は155社にのぼる。

4位以下は以下の通り。

  • AI活用のセンサー
  • バイオインフォマティクス
  • グリーン水素
  • シェアドモビリティ
  • 代替タンパク質
  • 3Dプリンター
  • マテリアルインフォマティクス
  • 精密農業
  • 合成生物学

本報告書では、12の主要技術のランキング以外にも、化学・材料、自動車、食品・農業、電子・情報、エネルギーという5つの主要産業において最も注目すべき技術トップ5を取り上げている。



よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CPC
クリック単価。インターネット広告において、広告を見たユーザーが1クリックするたび ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]