発話データ収集ウエアラブルデバイス「ELI」をデータ活用プラットフォームとして新開発

博報堂の「ミライの事業室」、「語学学習」「ヘルスケア」「営業支援」の領域で実証実験

博報堂は、同社の新規事業開発組織「ミライの事業室」が、発話データを収集するウエアラブルデバイス「ELI」をアップデートし、蓄積された発話データをさまざまなサービスで活用するためのプラットフォームとして新たに開発した、と7月26日発表した。βテスト版を使って「語学学習」「ヘルスケア」「営業支援」の3つの領域で実証実験を始める。

ELIは自分の会話を解析して最適な英会話を学ぶ機器。声のトーンには感情やストレスの度合いなどの情報が含まれる。自然言語処理や音声解析技術の向上で発話データが注目され、オンラインのデータ解析サービスが普及する一方、現実の場での発話データは環境音による認識精度の低下やデータ分析に手間がかかることから、活用が進んでいなかった。

今回こうした課題の解決を目指し、ELIを発話データ活用のプラットフォームにした。普段の会話を記録して解析することで、学習や仕事の効率化を図ったり、メンタルコンディションの変化を計測したりするなど、心や脳の健康状態のモニタリングが可能になる。まず3つの領域での活用を目指し、ともに取り組むパートナー企業を募って実験を進める。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]