花王とNTTドコモがヘルスケア領域で協業、1人1人への最適なソリューション提案へ

花王の仮想人体生成モデルとドコモの健康管理・増進アプリ「dヘルスケア」を活用

花王とNTTドコモは、ヘルスケア領域で協業することに2月28日に合意した、と同日発表した。顧客1人1人に対する最適なヘルスケアソリューションの提案を目指して両社が保有する基盤を活用。花王が新たに開発した仮想人体生成モデルと、ドコモが展開するスマートフォン向け健康管理・増進アプリ「dヘルスケア」や同社のデジタル技術を組み合わせる。

健康寿命を延ばすことが社会課題になっていることが背景。仮想人体生成モデルは、身体などに関する一部データから健康や生活などの各種データを推定する仕組み。例えば、歩数と体重から中性脂肪やLDLコレステロール(悪玉コレステロール)の値が推定可能。dヘルスケアは歩数、体重、血圧、体温などを記録してグラフやカレンダーで変化が管理できる。

花王は仮想人体生成モデルとライフケア関連商品・サービス、ドコモはヘルスケアサービスとAI(人工知能)推定技術を提供。dヘルスケアユーザーの日々の記録データの一部をユーザーの同意を受けて仮想人体生成モデルに入力。健康や生活などの1600項目以上のデータが推定でき、健康行動のアドバイスやライフケア関連商品・サービス提案が可能になる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ディープリンク
WWW上でのリンクの張り方の1つ。サイトのトップページへのリンクではなく、個別コ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]