「Yahoo! JAPAN」のサービスの多くが欧州経済領域と英国からは4月6日以降利用不可に

サービス環境の提供が困難になったことが理由、「Yahoo!メール」は継続して利用可能

ヤフーは、欧州経済領域(EEA)=欧州連合(EU)に欧州自由貿易連合(EFTA)加盟のノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタインを含めた共同市場=と英国から「Yahoo! JAPAN」のサービスの多くが4月6日午前11時(日本時間)以降利用できなくなる、と2月1日発表した。EEAと英国以外の国では引き続き使える。

サービス利用環境を継続して提供することが困難になったのが理由としている。EEAと英国からアクセすることが多く月額利用料金が自動更新されるサービスの利用者に対し、解約の手続きを求めている。「Yahoo!メール」、クレジットカード「Yahoo!カード」、電子書籍「ebookjapan」は継続して利用が可能。

Yahoo!メールについては、メールの送受信は可能なものの、メールアドレスの取得・変更やスマートフォン版Yahoo!メールからの「連絡先」参照、有料サービス「セキュリティーパック」「ウイルスチェック」「マイネームアドレス」の新規購入、6カ月以上利用していないアドレスの再開などはできなくなる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]