電通が気象協会のデータ活用フレームワーク「Weather Enhanced Marketing」の開発開始

気象データで広告マーケティングを高度化、気象要因を取り入れてソリューションを実現

電通は、天気予報をはじめとした気象業務を行う日本気象協会の気象データを活用して広告マーケティングを高度化させるフレームワーク(枠組み)「Weather Enhanced Marketing(ウェザーエンハンストマーケティング)」の開発を始めた、と12月11日発表した。気象要因をマーケティングに取り入れ、各種ソリューションを実現する。

気候の変動が人々の行動に与える影響は大きいとされ、広告マーケティングでもメディア接触履歴やその後の購買行動を含めて無視できないことから、ソリューションを開発する。日本気象協会が持つ過去の気象データと分析結果、最新の気象予報データを連携。デジタル広告の配信素材を気象データに連動させて最適化させる。

このほか、人工知能(AI)使った広告効果予測モデルに過去の気象データを投入して精度を向上させたり、気象データを考慮して最適な広告投下タイミングを分析するプランニングツールを導入したりするソリューションを開発する。加えて日本気象協会と市場の商品需給バランスを予測し、サプライチェーン(供給網)を効率化する。

 

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ローカルナビゲーション
サイト内のコーナーごとのナビゲーション。 サイト全体で共通して表示されるグ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]