日本オラクル、小売業向け業務アプリケーション「Oracle Retail ver.14」を提供開始

Eコマース、マーケティング、店舗ソリューション、分析機能などを包括的に提供
よろしければこちらもご覧ください

ITソリューションの日本オラクルは、さまざまなチャネルで消費者に購買の機会や体験を提供するオムニチャネルの実現を支援する小売業向け業務アプリケーション製品「Oracle Retail ver.14」を3月10日から提供開始する、と同日発表した。Eコマース、マーチャンダイジング業務管理、計画と最適化、サプライチェーンの計画と実行、マーケティングとロイヤリティ管理、店舗ソリューション、分析機能などを包括的に提供する。

Oracle Retail Ver.14では、「モバイル対応」「顧客ターゲティング機能」「サプライチェーン機能」を強化した。モバイル対応では、携帯電話やタブレットなどのモバイル端末に対応し、在庫の確認、商品の受注、返品や配送などの手続きが可能になった。顧客ターゲティング機能では、実店舗やオンラインストアで最適な品揃えを提案できるように実績や需要予測をもとに顧客の特性から商品のレコメンドを行うことができる。サプライチェーン機能の強化では、ECサイトと実店舗の在庫マスターを統合することで、消費者と小売業者の社員が在庫状況をリアルタイムに確認することができる。

日本オラクルメディアセンター
http://japanmediacentre.oracle.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]