アカマイが「インターネットの現状レポート」、日本の平均接続速度は7.6Mbpsで世界3位

普及率1位はアメリカ、2位は中国で日本は3位

トラフィック管理サービスのアカマイは、「2009年第4四半期版 インターネットの現状レポート」を4月21日に発表した。それによると、同時期における日本のインターネット普及率は、ユニークIP数が3230万超で世界第3位、平均接続速度は7.6Mbpsで世界第3位、5Mbpsでの高速ブロードバンドの接続率が59%で世界第2位だった。レポートの日本語版は、5月25日に同社Webサイトで公開される。

レポートによると、インターネット普及率の第1位はアメリカで、ユニークIP数は1億2400万超。2位は中国の5211万超だった。グローバルでの総計は234カ国で4億6500万超となった。世界平均の接続速度は1.7Mbpsで、1位は韓国の11.77Mbps、2位は香港で8.67Mbps。アメリカは22位で3.87Mbpsだった。光速ブロードバンド接続率でも韓国が1位で、57Mbpsでの接続率が68%。3位はルーマニアで49%、香港は4位で48%。アメリカは14位で25%だった。レポートではほかにモバイル接続や攻撃トラフィックについても調査が実施された。

アカマイ
http://www.akamai.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
tweet20はてなブックマークに追加
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EDI
紙の伝票で行ってきた企業間の注文情報や出荷情報などを電子化する仕組み。 こ ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]