ヴィビットがASP型のCMS「vibit CMS 4.5」を5月10日に提供開始

ブロックパーツによるテンプレート編集機能を全プランで標準搭載
[AD]

システム開発・販売のヴィビットインタラクティヴは、同社が開発・販売するASP型のCMS「vibit CMS」(ヴィビット・シーエムエス)をバージョンアップした「vibit CMS 4.5」を5月10日に提供開始する、と4月22日に発表した。vibit CMSは実際のブラウザ画面のままページ更新ができる。4.5では、テキストや画像で構成されるブロックパーツでテンプレートページの編集・登録ができる、テンプレート編集機能を全プランに標準搭載する。また、Twitterなど外部のサービスと連携できる埋め込みタグ用のインターフェースも新たに用意する。料金は初期費用15万7500円から、年間利用費18万9000円から。いずれも税込。1年間の無償保守サービス付きサービスプランも新たに設定された。

ヴィビットインタラクティヴ
http://www.vibit.net/

よろしければこちらもご覧ください
[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UDRP
ICANNが1999年に採択した、ドメイン名の所有者と商標登録者との間の紛争を処 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]