ミックスネットワーク、クロスブラウザ対応のCMS最新版「SITE PUBLIS 3」を4月28日提供

クロスブラウザ対応のほか、スマートフォン向けサイト管理機能を追加、モバイル機能なども強化
[AD]

Webサイト構築および活用支援のミックスネットワークは、同社のCMS製品の最新版「SITE PUBLIS 3」を4月28日に提供開始すると発表した。

SITE PUBLISは、Webサイト開発・構築・運営までを一貫してサポートする、同社のWebマネジメントプラットフォームというコンセプトのもとで開発されたCMS。約3年半ぶりのメジャーバージョンアップとなるSITE PUBLIS 3では、「利用環境」「ユーザーのスキル」「提供するサービス」を幅広くサポートし、変化するユーザー環境や規格の標準化に対応する。

最新版では、新たにスマートフォン向けのWebサイト最適化や独自コンテンツ管理機能などに対応し、あわせてモバイルサイト向けの機能を強化した。アクセシビリティ機能も強化しており、JIS X 8341-3 改訂版へ対応、設定したガイドラインに準じたコンテンツ管理をサポートする。

また、管理画面がクロスブラウザ対応し、IEに加え、Firefox、Safari、Google chromeで利用可能になり、より自由なユーザー環境を提供する。さらに、ユーザーインターフェイスを見直して使い勝手を向上させたほか、定型ページ作成機能、ひな型ページ管理機能なども強化している。

SITE PUBLIS 3
http://www.micsnet.co.jp/sitepublis3

ミックスネットワーク
http://www.micsnet.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ICANN
1998年に設立されたインターネットのIPアドレスやドメイン名などのリソースを管 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]