アカマイの2010年第1四半期版「インターネットの現状」レポートで日本は上位を維持

接続速度都市別ランキングで日本の61都市がトップ100入り、他の項目でもトップクラス
よろしければこちらもご覧ください

高速コンテンツ配信サービスの米アカマイ・テクノロジーズの日本法人、アカマイ・テクノロジーズは、2010年第1四半期(1-3月)版「インターネットの現状」レポートを8月3日発表した。接続速度の世界都市別ランキングで、日本の61都市がトップ100に入り、平均最高接続速度、高速ブロードバンド接続、インターネット速度の各項目で日本がトップレベルを維持していた。

 米アカマイが世界規模で展開するサーバーネットワークでモニターして収集した情報を基にまとめた。アカマイに接続している固有IPアドレス数が5万件以上の世界の都市を対象にした都市別速度の上位100では、日本の都市が半分以上の61を占めたほか、多数がアジア地域だった。トップは韓国の馬山。米国は12都市だけで、うち半数以上はカリフォルニア。欧州は、最も上位でも18位。

 各国の平均最高接続速度では、日本は26Mbpsで3位。トップは韓国の33Mbps、2位は香港の30Mbps。平均接続速度もベスト3は同じで、日本は7.9Mbpsで3位。アカマイのネットワークに接続する固有のIPアドレス数のインターネット接続は、日本は約3322万件と3位。1位は米国、2位は中国。5Mbps以上のブロードバンド接続の比率では、日本は韓国に次いで2位だった。

アカマイ・テクノロジーズ
http://www.akamai.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディープリンク
WWW上でのリンクの張り方の1つ。サイトのトップページへのリンクではなく、個別コ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]