ステップ・バイ・ステップで始める! 企業のInstagramマーケティング

無料でネットショップをオープンできる!「Instagramショッピング」を使いこなそう

若年層では「Instagram経由で購買」が当たり前になりつつあります。であれば、Instagramの企業アカウントに、ズバリ商品を購入できる機能を持たせればいいのでは? そうしたニーズに応えるのが「Instagramショッピング」です。
よろしければこちらもご覧ください

本連載は、「企業のSNS担当者なら絶対押さえておきたい基礎知識」から「Instagramだからこそできる効果的な活用方法」「Instagramの最新トレンド」まで、これを読めば“明日にでもInstagramアカウント運用をスタートできる”よう、最前線のノウハウをわかりやすく解説します。

前回記事では、Instagramのアカウント運用とセットで考えたい「Instagram広告」について、その始め方からステップごとに解説しました。

今回は、Instagramにおけるビジネス向けの便利機能の1つ「Instagramショッピング」を解説します。

“Instagramでの出会い”をきっかけに、商品が売れる時代

興味のある商品やサービスについて調べる場合、自分好みの商品やお店を探す場合、検索エンジンではなくSNSを使う人が年々増えています。これにともない、SNS上で「これだ!」と思う商品に出会うケースも増えています。

当社が現役大学生を対象に行った調査では、「Instagram上で見つけた商品や体験を購入したことがあるか」という問いに対して、全体の56.8%、女子では67.5%が「Instagram経由で購買の経験がある」と回答しています。

・出典:Instagramは現役大学生の購買にどう影響している?利用実態調査|2019年|コムニコ

このようにInstagramでの発見・出会いが商品購入へとつながる時代において、もはや欠かせない機能の1つとなったのが「Instagramショッピング」です。

「Instagramショッピング」は、Instagramに投稿した商品画像をタップすると、商品の詳細が表示されたり商品購入ページへ遷移できたりする機能です。この便利さ・楽しさを、ぜひ皆さんの企業アカウントのフォロワーにも味わっていただきましょう。

Instagramショッピングは、“Instagram上に店舗を開設できる”機能

「Instagramショッピング」(英語名:Shop Now)は、簡単にいうと“Instagram上に店舗を開設できる機能”です。Instagramショッピングを使えば、フィード投稿の画像に商品タグを表示したり、ストーリーズ投稿に商品スタンプを表示したりできます。さらにユーザーがタップすれば、商品説明ページに遷移します。

「Instagramショッピング」の投稿・ストーリーズの表示イメージ
参照元:Instagramショッピングについて

商品説明ページでは、以下の情報を表示できます。

  • 投稿画像に写っている商品の画像
  • 商品の説明
  • 商品の価格
  • 商品を購入できるWebサイトへのリンク

Instagramショッピングの利用方法

Instagramショッピングは、以下の5つのステップで利用可能です。

  1. Instagramショッピングの利用資格があるかを、まず確認する。
  2. Instagramアカウントとカタログをリンクする。
  3. アプリでショッピングの利用登録をする。
  4. ショッピング投稿を作成する。
  5. インサイトを確認する。

ステップ1.Instagramショッピングの利用資格があるかを、まず確認する。

「Instagramショッピング」を利用するにあたり、いくつかの条件をクリアしている必要があります。以下のポイントをチェックしてください。

ビジネスの所在地が、日本にある。
有形商品を販売するビジネスである。
そのビジネスは、Facebookのコマースポリシーに適合している。
Instagramアカウントがプロアカウント(ビジネスアカウント)である。
InstagramアカウントがFacebookページにリンクしている。

・出典:Facebookのコマースポリシー|Facebook

・出典:Facebookページへのリンク方法|Instagram

ステップ2. Instagramアカウントとカタログをリンクする

Facebookの「カタログマネージャ」を利用して新しいカタログを作り、Instagramアカウントにリンクします。「商品が多い」「カタログ作成の時間がない」といった理由で、カタログ作成を自社で行うのが難しい場合は、SNSマーケティングエージェンシーなど代行業者に依頼するのもよいでしょう。検討してみてください。

・出典:カタログマネージャ|Facebook

ステップ3. アプリでショッピングの利用登録をする

Instagramアプリの「プロフィールの設定」にアクセスし、[ビジネス]>[Instagramショッピング]の順にタップして手順を進め、すべての設定を完了します。

Instagram側でアカウントの審査処理が行われます。通常は、数日程度で審査が完了します。なお審査状況は、[設定]>[ショッピング]にアクセスすれば確認できます。

ステップ4.ショッピング投稿を作成する

審査が完了し承認されると、Instagramからお知らせが届きます。[設定]>[ショッピング]で設定を完了し、投稿やストーリーズ内の商品へのタグ付けを行いましょう。

まずは、通常どおり投稿を作成し、[製品をタグ付け]をタップしてカタログから製品を追加します。1件の画像または動画を使用する投稿では最大5点、複数の画像を使用する投稿では最大20点の商品が、タグ付け可能です。過去の投稿を編集して、商品タグを追加することも可能です。

ストーリーズ投稿では、1つのストーリーズ投稿あたり、1つの商品スタンプを利用できます。下の図では、ハンドバッグのマークのスタンプ「SILK BUTTON-DOWN CAMI」の部分が該当します。なお商品スタンプの色とテキストは変更可能です。

ストーリーズ投稿でのInstagramショッピング活用例
参照元:Instagramストーリーズと発見でショッピング機能を提供

ステップ5. インサイトを確認する

インサイトで、ショッピング投稿やストーリーズのパフォーマンスを確認できます。人気や顧客のニーズを把握して、今後のショッピング投稿に生かしていきましょう。

Instagramショッピングは今なお進化中

2019年秋からは、Instagramショッピング投稿を広告として配信可能になりました。ぜひ、あわせて活用してみましょう。

・出典:ビジネス向け広告マネージャでInstagramショッピング投稿を広告に | Instagram for Business

また、2020年5月、FacebookやInstagram上にオンラインショップを無料で開設できる新サービス「Facebook Shops」が発表されました。作ったショップは、Facebookファミリー(Facebook、Messenger、Instagram、WhatsApp)でシームレスに利用可能に。そして、新しい「Instagramショップ」機能は、今夏ローンチの予定だそうです。「Instagramショッピング」機能が、さらに使いやすく進化を遂げそうです。

・出典:Introducing Facebook Shops: Helping Small Businesses Sell Online - About Facebook

今回のおまけ情報:新しいショッピング体験をオンラインで!「フューチャーポップアップストア」

今回紹介した「Instagramショッピング」の未来型ともいうべきコンセプトストア「フューチャーポップアップストア」が、2020年3月24日よりオープンしています。これは、KDDIとFacebook JapanがXR技術を活用し、ネットとリアルが融合する次世代のショッピング体験のコンセプトモデルを実証しているというものです。

InstagramアプリなどのAR機能を活用したトライオン、AI店員による接客など、5G時代の新しいショッピング体験を試せるチャンスですね! 近未来のオンラインショップはどのようなものになるのか、ぜひ覗いて体験してみてはいかがでしょうか。

・出典:au 5G Future Popup Store!

・出典:KDDIとFacebook Japan、 新しいショッピング体験のコンセプトストア 「フューチャーポップアップストア」をオンラインで開設 - Facebookについて

※記事内容は執筆時点の情報に基づいています。製品・サービスの仕様や価格は変更されている場合があります。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTR
広告がクリックされた頻度を表す。 たとえば、広告が1000回表示され、その ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]