【漫画】デジマはつらいよ シーズン1

「お客様を理解している」は思い込み!?「無知の知」で真のインサイトにたどり着け!/【漫画】デジマはつらいよ・第12話

顧客のインサイトがつかめずに焦っているルリに対し、虎は「無知の知でお客様の目線に立ち戻れ」と檄を飛ばす。

ページ

よろしければこちらもご覧ください

第12話のまとめコラム:無知の知とFACTFULNESS(中澤伸也)

こんにちは、『デジマはつらいよ』原案者の中澤です。

マーケティング支援企業のReproでCMOをやっています。noteで定期的に情報発信もしているので、興味ある方はそちらも読んでみてください。

今回のテーマは、マーケターが持つべき姿勢(体幹と呼んでいます)の1つ、「無知の知」です。

このテーマを選んだ理由は、昨年たいへん話題となった本、ハンス・ロスリングほか著『FACTFULNESS』(日経BP、2019年)でも指摘されているとおり、ネットでさまざまな噂や憶測が飛び交い、情報量が加速度的に増えていく世界の中で、思い込みをいかに捨て、正しく世界を見ることができるかが、マーケターにとって非常に重要であると感じているからです。

無知の知とは何か?

「無知の知」とは、漫画でも解説しているとおり、古代ギリシアの哲学者ソクラテスが言ったとされる言葉で、「自分の知識が完全ではないことに気がついている」人こそ知恵者であり、「無知であることを自覚することで、新たな学びを行うことを促進し、その結果、無知を克服し成長する」という姿勢を表します。

自分の考えとしては「無知の知」を、常に自分の知識や常識だと思っていた「前提」を疑い、データをもとに正しく知識や理解をアップデートしていくことであると捉えており、顧客と企業・サービスをつなぐ役割であるマーケターにとって、必須のスキル、姿勢であると考えています。

なぜ、マーケターが常に「無知の知」を意識して行動しなければならないのか。それは「人は意外なほど思い込みに左右されやすい」という背景があるからに他なりません。

人は思い込みの生き物

『FACTFULNESS』は、「人は思い込みに支配されやすい。だからこそデータにもとづいて世界を正しく見る習慣を身に着けるべきである」ということを提唱している本です。人が陥りやすい「10の思い込み」を本能と呼び、世界をリードする知識人などでも、皆、思い込みによって世界が正しく見えていないということを指摘しています。

特に有名なのが、書籍の冒頭で出される、世界の変化の常識に関する12の質問(3択)です。人間の平均点は「12問中2問正解」で、これは答えをランダムに選んだチンパンジーの正解率(12問中4問正解)に負ける、という事実です。

たとえば、第1問はこのような質問なのですが、あなたは正解できるでしょうか?

質問1:現在、低所得国に暮らす女子の何割が、初等教育を修了するでしょう?

  • A:20%
  • B:40%
  • C:60%

答えを知りたい方は、本を読むか、共訳者の上杉周作氏が作成したオンライン版のクイズがあるので、ぜひ一度チャレンジをしてみることをお勧めします。

思い込みを捨てるということは、自分の頭で考えるということ

思い込みを捨てるということは、言い換えれば、事実を正しく認識し自分の頭で考える、ということに他なりません。たとえば、こんな言葉が社内で飛び交っていたりしないでしょうか?

  • 「お客さまが一番気にするのは、結局価格だよ!」
  • 「競合に比べて機能が足りないから、うちの製品は売れないんだよ!」
  • 「チラシはもう効かないよね」

本当にそうでしょうか? お客さまが気にしているのは、価格や機能の豊富さでしょうか?「右目左目分析」により、正しくお客さまの課題やインサイトを捉えているでしょうか?

社内の常識というものは、思いのほか強力です。意外なほど多くの場面で、この「常識(前提)」をもとに議論が行われ、企画が立案されていたりします。

われわれマーケターは顧客と企業・サービスをつなぐ役割を担っています。その基本姿勢、体幹として、常に「無知の知」を意識し、それを実践していく必要がある。そう私は考えます。

次回に続く

「デジマつらいよ」シーズン2はこちら→

【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

虎が講演会に登壇!「集客・販促=マーケティング」ではない理由とは?/【漫画】デジマはつらいよ2・第11話

伝説のマーケター・京極虎が「マーケティングとは何か?」という大きなテーマで講演を行うことになった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...11/30 7:0014130
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

サイト表示速度を向上させるSPAって何だ!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第10話

SEOの重要指標コアウェブバイタルとWebサイト表示速度の具体的な向上方法とは?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...10/29 7:007210
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

Webサイトの表示速度がコンバージョン率に影響!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第9話

大島電気ECサイトのコンバージョン率が伸び悩んでいる原因は、Webサイトの表示速度だった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...9/30 7:0060342
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

コンバージョン率の成長が止まったECサイト! 虎に秘策はあるのか!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第8話

家電量販店のEC事業部長・白井は、ECサイトのコンバージョン率が2年間伸びてないという悩みを抱えていた。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...8/31 7:0010180
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

エンゲージメント向上は急がば回れ。オンボーディングで顧客との関係性を早期に構築せよ!/【漫画】デジマはつらいよ2・第7話

虎が提案したオンボーディング・プログラムとはどのような内容なのか?
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...7/30 7:005230
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

ロイヤルティプログラムの弱点!? なぜ初期ユーザーのエンゲージメントを高められないのか?/【漫画】デジマはつらいよ2・第6話

サブスクの継続利用率アップのための秘策として、虎が提案したのは、オンボーディング・プログラムだった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...6/30 7:0072160
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

サブスクの継続利用率が急落!! KPIに変化なし。どうすればいいの?/【漫画】デジマはつらいよ2・第5話

男性用化粧品のマーケティング担当者・鈴木浩一。継続利用率下落の理由がわからず、虎のバーを訪ねることにした。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...5/31 7:0016190
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

社長プレゼンなんて怖くない!?「説得するな。正しく判断するための情報を渡せ」/【漫画】デジマはつらいよ2・第4話

20周年記念キャンペーンの社長プレゼンを任されたゆみこは、伝説のスゴ腕マーケター・京極虎から、「決裁承認の場は、経営陣を説得する場ではない」というアドバイスをもらったのだった。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...4/28 7:003171
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

突然の社長プレゼンで大ピンチ!「決裁承認の場は経営陣を説得する場ではない」ってどういうこと!?/【漫画】デジマはつらいよ2・第3話

20周年記念キャンペーンの社長プレゼンを任されたゆみこ。決裁承認をとらなければいけない重圧に耐えかねて、虎のバーを訪ねた。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...3/31 7:008151
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

キャリアアップに大事なのは「自分の北極星」 5年後のキャリアイメージなんてザックリでいいのよ!/【漫画】デジマはつらいよ2・第2話

マンガ新連載! 「もっと成長したい!」と悩むECディレクター・ユミに、瞳は2つのアドバイスを送った。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...2/26 7:0010211
【漫画】デジマはつらいよ シーズン2

マーケター改めコンサルタント瞳登場!キャリアアップできる転職の秘訣とは?/【漫画】デジマはつらいよ2・第1話

マンガ新連載! 伝説のマーケター・京極虎がバーテンダーに転身!? 社内で実績を積むか転職か、悩めるマーケターの問題解決に挑む。
中澤伸也(原案、監修)、星井博文(原作)、この...1/29 7:0013240

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

JavaScript
主にWebブラウザ上で動作するスクリプト言語(プログラミング言語)。 We ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]