Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

Googleマイビジネスのリスティングを最適化する方法

Googleマイビジネスでローカルビジネスのリスティングは、登録するだけでなく、定期確認と最適化が大切
この記事の内容はすべて筆者自身の見解であり(ありそうもないことだが、筆者が催眠状態にある場合を除く)、Mozの見解を反映しているとは限らない。

ローカルSEO戦略の重要な第一歩は、Googleマイビジネスでローカルビジネスのリスティングを登録して確認することだ。Googleマイビジネスをうまく利用すれば、Googleの次のような場所に表示される可能性が高まる。

  • ローカルパック
  • ローカルファインダー
  • Googleマップ
  • 通常のオーガニック検索ランキング

対象となるローカルビジネスはグーグルが提供するリスティングに無料で登録して、

  • 住所
  • 電話番号
  • 営業時間
  • 対応可能な決済方法

など、ビジネスに関する基本情報を登録して表示できる。

Googleマイビジネスでまだリスティングの登録と確認をしていない場合は、これが最初の一歩になる。始めるには、https://www.google.co.jp/intl/ja/business/にアクセスしてみよう。

多くの人は、Googleマイビジネスのリスティングを登録するだけで、その後は忘れてしまう。ほとんどの企業は、

  • Googleマイビジネスのリスティングを最適化する機能が他にも各種あること
  • ビジネスのリスティングを頻繁にチェックして、情報を正確に保つべき理由がいくつかあること

を認識していない。もっと知りたくなってきただろうか?

グーグルが求めるすべての情報を入力する

Googleマイビジネスのプロフィール欄では、さまざまな質問への回答を入力できる。入力が終わると、リスティングには、潜在顧客に自分の企業を見つけてもらいやすくするのに役立つデータが盛り込まれる。

あなたがその情報を入力しなければ、他の誰かが入力するかもしれない。多くのビジネスオーナーは、自分のビジネスのリスティングに誰もが変更を提案できることを知らない。そして、変更を提案できる人物には競合相手も含まれるのだ。

検索ユーザーがGoogleマイビジネスのリスティングをクリックすると、「情報の修正を提案」オプションが表示される。

そのオプションをクリックすると、文字通りGoogleマイビジネスのリスティングを編集できる(かなり大幅な変更も可能だ)。

Googleマイビジネスのダッシュボードに定期的にログインして、自分のリスティングに誰も不要な変更を加えないようにすることが非常に重要な理由の1つに、これがある。もし誰かがオーナーの承認を必要とする変更を提案した場合は、変更が保留中であることを示す通知が表示される。

さらに心得ておくべき重要なことがある。ビジネスについてより多くの情報を把握できるよう、グーグルはそのビジネスについてよく知っている人が質問に回答するよう促している。質問に回答するには、「この場所に行ったことがありますか? 簡単な質問にお答えください」というリンクをクリックするだけでいい。

クリックすると、そのビジネスについていくつかの質問に答えるよう求められる。

これらの質問に対する答えがわかっている場合は回答できる。わからない場合は、回答を拒否できる。

一部のビジネスオーナーは、競合相手などがこの機能を悪用し、Googleマイビジネスのリスティングに混乱を引き起こす可能性があると訴えている。しかし、グーグルの哲学によれば、この種の「ユーザー生成コンテンツ」はコミュニティを構築し、企業のプロフィールに盛り込まれる情報を増やし、グーグルがさまざまな検索戦略を実験できるようにする助けになるものだ。

Googleマイビジネスのリスティングを確認したら、引き続きリスティングを定期的にチェックして安全を期してほしい。

Googleマイビジネスへの投稿

Googleマイビジネスの「投稿」機能は、グーグル検索でGoogleマイビジネスのリスティング(ナレッジパネルやGoogleマップ)に表示される「ミニ広告」だ。

画像を追加したり、CTA(Call to Action:行動喚起)を加えたり、さらには別のページやウェブサイトへのリンクを追加したりすることで、投稿機能を十分に活用できる(Yextを利用している人は、Yextのダッシュボードから直接Googleマイビジネスの投稿を作成できる)。

投稿機能に関して、以下にいくつかアイデアを挙げよう。

  • (ウェブセミナーなどの)イベントを開催する場合は、イベントの日付と時刻、それから登録ページへのリンクを投稿に載せられる。

  • セールを開催する期間がある? その場合は、「セール」イベントの投稿を作成しよう。

  • すごくいいブログ記事を書いたばかり? ブログ記事の簡単な説明を追加して、記事にリンクしよう。

  • 取り上げたい新製品がある? そのクールなガジェットの写真を掲載して、購入ページにリンクしよう。

  • 休暇の喜びを届けたい? 潜在顧客に休暇のメッセージを投稿しよう。

投稿機能の可能性は無限大だ! イベント以外の投稿は7日間表示され、イベントの場合は、設定した日付が過ぎるとデフォルトのビューから削除される。すばらしいことに、グーグルは新しい投稿を作成するべき頃にリマインダを送信してくれる。

前回の投稿が表示されなくなったことをしらせ、新しい投稿を作成するよう促す画面

ヒント検索ユーザーの注意を引くには、投稿に画像を追加したいところだが、Googleマップでは投稿の画像が切り落とされることがある。デスクトップとモバイルデバイスでGoogleマップとナレッジパネルに適したサイズにするには、場合により、投稿に追加する画像のサイズをいくつかテストする必要がある。

投稿機能の利用を開始するには、Googleマイビジネスのダッシュボードにログインすると、左側に「投稿」オプションが表示される。

Googleマイビジネスの投稿は検索順位の上昇に役立つのだろうか? Googleマイビジネスの投稿を作成すると順位を上げられることを、ジョイ・ホーキンス氏とSteady Demandがテストして明らかにしている。

予約ボタン機能

Googleの新しい予約ボタン機能は、自分のビジネスを目立たせるのにかなり役立つ。

形態を問わず顧客からの予約を柱とした事業を展開しており、統合型スケジューリングソフトウェアを利用している人は、Googleマイビジネスのリスティングから直接予約を受け付けられるようになった。これにより、新規顧客の獲得がさらに簡単になったのだ!

床屋のリスティングに表示された予約機能の例。

時間帯やサービス内容、スタッフなどの選択肢などの情報は、Googleマイビジネスと連携している予約システムが表示している(Googleマイビジネスの投稿画面から作るものではない)

グーグルがサポートしているスケジューリングプロバイダのアカウントを持っている人は、Googleマイビジネスのリスティングに予約ボタンが自動的に追加される。

メッセージ機能

Googleマイビジネスでは、潜在顧客からテキストメッセージを送信してもらえるよう設定できることをご存知だろうか? これは、潜在顧客と直接つながることのできる、すばらしい方法だ。

テキストメッセージを個人の電話番号に送信してほしくない場合は、グーグルの「Allo」アプリをダウンロードしてもいい。Alloのアカウントを設定する際には、Googleマイビジネスのアカウントに紐付いたものと同じ電話番号を使用しよう。設定後、誰かがメッセージが送信すると、Alloは、メッセージそのものではなく、通知をテキストメッセージにメッセージとして送ってくる。

メッセージ機能の利用を開始するには、Googleマイビジネスのダッシュボードにログインして、「メッセージの送受信」をクリックしよう。

※Web担編注 編集部で確認できる日本向けのビジネスリスティングでは、「メッセージの送受信」メニューは表示されなかった。

ただし、この機能はまだ初期段階にある。現在のところ、メッセージ機能はモバイルウェブユーザーのみが利用でき、モバイルアプリやデスクトップユーザーには提供されていない。またナレッジパネルやGoogleマップでも、「メッセージの送受信」のオプションは表示されない。

ユーザーが特定のビジネスにメッセージを送信できるのは、Google Chromeでモバイルウェブ検索を行う場合だけだ(私は、グーグルが不具合を解消した後にメッセージ機能の提供範囲を拡大すると見ている)。

質問と回答

「質問と回答」は、グーグルのローカル検索に追加された比較的新しい機能だ。これは実に素晴らしい! 「質問と回答」は文字通り、ユーザーがビジネスについて質問したり、ビジネス側がそれらの質問に答えたりできる機能だ。

以下に、「質問と回答」についていくつか覚えておいてほしいことを挙げる。

  • 「質問と回答」機能は、Googleマイビジネスのモバイル版アプリでは表示されない。

  • 回答が必要な新しい質問があるかどうかを確認するには、Googleマイビジネスのダッシュボードにログインする必要がある。

  • モバイルデバイス上で質問をモニタリングできるのは、Android搭載スマートフォンだけだ。

  • AndroidデバイスでGoogleマップのアプリを利用すると、ビジネスとして「質問と回答」機能を管理できる。

    そのためには、Googleマップのアプリをダウンロードし、Googleマイビジネスのリスティングに使用しているメールアドレスでログインしておく。すると、自分のビジネスに誰かから質問があった場合にプッシュ通知が行われる。

「質問と回答」のやりとりの例

(質問)

私の甥は、貴社について、またこの業界に入る方法についてお話を伺える方を探しています。甥の方から連絡の取れる方が、どなたかいらっしゃいませんでしょうか? 無理なお願いなのは分かっていますが、大好きな甥のためにお願いします。

(質問)

企業イベントの撮影はお願いできますか?

(ビジネスオーナー)

こんにちは、シェリー! はい、企業イベントの撮影も可能です。動画の制作や、音声のみの制作に対応しています。

ヒントGoogleマイビジネスの「情報の修正を提案」と同様に、ビジネスに関する質問には誰でも回答できることに注意してほしい。そのため、常に注意を払い、質問があったらすぐに回答し、他の誰かが回答した場合は、その回答が正しいことを確かめよう。

誰かがGoogleマイビジネスのリスティングの「質問と回答」機能を悪用しているのを見つけた場合は、Googleマイビジネスのサポートフォーラムに連絡してほしい。

Googleマイビジネスのオンラインレビュー

オンラインレビューは、Googleマップや検索で表示されるビジネスのナレッジパネルで、リスティングの隣に表示される。レビューは、多くの検索結果の中で自分のビジネスを目立たせるのに役立つ。

グーグルは、ビジネスオーナーが客やクライアントに倫理感を持ってオンラインレビューを求めることを奨励している。その点では、ビジネスオーナーが客にレビューを求めることを断固として防ごうとするYelpとは異なる。

オンラインレビューは、検索順位や消費者の信頼だけでなく、クリックスルー率にも影響を及ぼすことが知られている。ブライトローカルの調査(2017年)によると、次のことがわかったという。

  • 2017年には、消費者の97%がローカルビジネスのオンラインレビューを読んでおり、12%はオンラインでローカルビジネスを毎日探していた。

  • 消費者の85%が、個人のおすすめと同じくらいオンラインレビューを信頼している。

  • 消費者の73%は、肯定的なレビューを読むことでローカルビジネスへの信頼が高まる。

  • 消費者の49%は、ビジネスを実際に利用するには4つ星以上の評価が必要だとしている。

  • レビューへの対応はかつてないほどに重要であり、消費者の30%がこれを、ローカルビジネスを評価する際の重要なポイントに挙げた。

  • ローカルビジネスのレビューを求められた際、消費者の68%はレビューを書き込んだ。フィードバックを求められたのは74%。

  • 2017年には、消費者の79%が偽レビューを読んだことがあった。

Googleマイビジネスのレビューに関するグーグルのガイドラインに従うならば、顧客にレビューを依頼できる(ただし、これらのポリシーに1つでも違反すると、レビューが削除されることがある)。

(良い悪いに関係なく)顧客がレビューを残してくれたら、必ず返信しよう。フィードバックに感謝していることをその顧客に示せるだけでなく、そうしたフィードバックを重視していることを潜在顧客に示すことにもなる。

否定的なレビューを受け取ったら、どうすればいいだろうか?

まずは、パニックにならないことだ。誰にも不運な日があることは、ほとんどの人が認めている。それに、1つ星のレビューを付けて意地悪なコメントを残す荒らしがあったとしても、常識のある人ならほとんどが、そういう類のレビューであることを見通している。たいていはストレスを感じる価値もないものだ。

より多くのオンラインレビューを戦略的に獲得する方法については、このMozの記事をチェックしてみてほしい。

Googleマイビジネスのリスティングをさらに活用する

ここで紹介した各種機能を新たに活用するため、Googleマイビジネスのアカウントにログインして、仕事に取りかかってくれることを願っている!

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める
日本赤十字社 東日本大震災 義援金募集
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやアクセス解析のなどノウハウをゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
  • 編集長コラムを一足先に読める

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CGI
クライアントからの要求に応じて、Webサーバー側でプログラムを動かす仕組み。 ... →用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]