企業ホームページ運営の心得

新人Web担当者が捨てるべき3つの心

Webサイトは企業の顔、お客にとってはベテランも新人も違いはなく、学生気分の甘えは許されません
よろしければこちらもご覧ください
Web 2.0時代のド素人Web担当者におくる 企業ホームページ運営の心得

コンテンツは現場にあふれている。会議室で話し合うより職人を呼べ。営業マンと話をさせろ。Web 2.0だ、CGMだ、Ajaxだと騒いでいるのは「インターネット業界」だけ。中小企業の「商売用」ホームページにはそれ以前にもっともっと大切なものがある。企業ホームページの最初の一歩がわからずにボタンを掛け違えているWeb担当者に心得を授ける実践現場主義コラム。

宮脇 睦(有限会社アズモード)

心得其の402

新年度のはじまりです

amanaimagesRF/Thinkstock

新年度のはじまりです。締め切りと納期に追われ、曜日感覚をなくしがちな日々を過ごしながらも、この日ばかりは身が引き締まる思いです。

「はじめまして」の読者もいるでしょうか。本稿はWeb担当者の「現場の心得」を中心にお届けしており、本サイトの最長連載記録を誇りながらも「ド素人のため」と題しているのは、筆者の成長が足りないから……も、あります。しかし、「日々新た」も「Web担当者の心得」の1つ。体現しているのだと自画自賛しつつ、新年度初日にお届けするのは「新人Web担当者になったら捨てる心、捨ててはいけない心」。

文字通り「現場の心得」です。

Web担が捨てる3つの心

Web担当者になったその瞬間から、捨てなければならない心は3つあります。

まずは「甘え」。企業サイトとは「インターネット支店」であり、Web担当者とは「支店長」です。先輩や上司がいれば「支店長代理」や「支店長補佐」と若干グレードダウンしますが、確実に言えることは、サイトを訪問したユーザーやお客に対して、一切の言い逃れはできないということです。

トラブルが発生すれば、事情を説明し、理解を求めなければなりません。そのとき、あなたが「新人だから」とは理由になりません。それどころか、

新人をよこしやがって

と、お客の怒りに火をつけることになりかねません。顔の見えない「Web」の世界では、ささいなことが重大なトラブルに発展することがあり、会社に大ダメージを与えることがあるのです。Webの世界では、ネガティブな情報は瞬く間に燃え広がります。外部と接するときは、実際にはペーペーの新人でも、会社を代表するぐらいの心持ちが必要です。

学生気分にさよなら

次に捨てるのは「依存心」です。会社には指導を仕事とする教員や教官はいません。上司や先輩は仕事を教えてくれるでしょうが、自分の仕事も抱えており、ついつい指導がおろそかになることもあります。そんなとき、だれかが教えてくれるのを待つ心が「依存心」です。自分から積極的に声をかけ指導を仰ぎます。

また、会社は組織で動いており、上司や先輩、同僚と協力するのは当然です。しかし、協同と依存は似て非なるものです。「だれかがやってくれる」という「依存心」は、学生時代なら通じても社会では通用しません。

仮に一度や二度は通じても、通じた分だけ信頼を失っています。どうしても自分で対応できない案件ならば、上司に相談するなり、先輩の力を借りるなり、同僚に頭を下げるなどして、自らが動いて解決しなければなりません。

成功体験という慢心

最後は「慢心」です。外部企業と連携する場合、たとえ新人であっても発注者となるWeb担当者に対して親切に接してくれます。ときにこれを、自分の実力と錯覚する新人Web担が現れますが、外部業者は前任者や先輩、会社の信用に敬意を払ってくれているであって、新人Web担の実力とは限りません。

そしてどの業界でも世界は狭いもので、関係性の上下がいつ入れ替わるのかわからない「LOTO7」のCMにおける柳葉敏郎さんと妻夫木聡さんの関係に似ています。

また、1つの成功ぐらいはWeb担当者ならだれでも経験するものです。しかし、1つの方法論がすべてに通じることはありません。「勝ちに不思議の勝ちあり」という格言があるように、偶然と運だけの成功が転がっているのがWebの世界で、その多くには再現性がありません。実際、Web業界に転がるサクセスストーリーの大半はこれです。だからWeb担当者には、成功体験という慢心を捨てる努力が求められるのです。

捨ててはならない心

ここからは折り返し、「捨ててはならない心」について。

筆頭は「遊び心」です。サイトは訪問者を楽しませるためにあり、お堅い企業でも「オモテナシ」のための洒落や遊び心は不可欠です。なにより、どうせお金をもらって仕事をするなら、楽しみながらやるのが得というものです。

Web担当者になったばかりの新人に、これを告げるのは残酷かもしれませんが、この商売は「終身刑」です。部署が変わるまで勉強を強いられる職種で、つまり「向学心」を捨てるときがWeb担当者を辞任するときです。10年選手でも得た知識にあぐらをかくことは許されず、「Windows 95」から数えても20年選手の私が、いまだに「ド素人」である理由……とすると「向学心」の説得力を欠きますね。

最後の心得は「恐怖心」で「甘え」と対をなします。わずかな油断が失言となり、炎上すれば会社に与える影響は甚大です。Webは楽しい空間であるとともに、恐ろしい世界でもあるのです。地球のあらゆる空間とつながり、さまざまな国籍の数多の階層と触れあいます。初恋の相手から、テロリストまでが「ネットの向こう側」にいるのです。

価格の誤表記(入力ミス、確認漏れ)により閉鎖となった「丸紅ダイレクト事件」は、いまから11年前の出来事です。「恐怖心」は常に頭の片隅に置いておかなければなりません。

※ ネットショップのPC販売価格を本来の19万8,000円ではなく1万9,800円と誤表記し、約1500台の注文が入る。後日、注文を取り消すことなく1万9,800円で販売したが、昨今は売買契約を無効とする事例が多い。参考:価格誤表記に関する考え方(ECOMネットショッピング紛争相談室)

リアルにおいての心得

ここまでが「新人Web担当者」における心得。もちろん、Web担当者の「心得」はこれだけではありません。400本を超えるバックナンバーがあるので、息抜きがてらにお読みいただければ幸いです。そして最後に「新社会人」に向けての「心得」。

まず、配属された職場、隣接する部署があれば、そこの上司や先輩、同僚らを、

●●さん、おはようございます

と、「名前」をつけて挨拶します。これは「先制パンチ」。

先輩だって緊張しているのです。上司だって新入社員を警戒しています。どんな人物かわからないのは「お互い様」なのです。

名前とは、集団において個人を特定する「識別子」で、自分の識別子を認識する人物を「仲間」と理解します。だから、できる先輩や上司は、新人を必ず名前で呼びます。そして「名前パンチ」は、お客さんにも取引先にも通じる、良好な人間関係を構築するための「極意」でもあります。

今回のポイント

捨てる心と持ち続ける心

甘えと遊び心と恐怖のバランス

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]