日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

グーグル EC商品の検索「Googleショッピング」を開始 販売事業者による登録は無料

事業者による登録は無料で、システムを連携させて簡単に登録できる機能も提供する。
よろしければこちらもご覧ください

グーグルは10月28日、ネット上で販売している商品を検索できるサービス「Googleショッピング」を開始した。検索ボックスにキーワードを入力すると、登録されている商品名や画像、価格が一覧表示される。事業者による登録は無料で、システムを連携させて簡単に登録できる機能も提供する。ECサイトによる登録が拡大しそうだ。

ショップによる商品情報の登録は無料で、グーグルの「マーチャントセンター」を利用することで登録できる。他社のシステムと連携して、商品情報を登録できるシステムも提供しており、すでに複数のECサイト構築会社から自動的に登録されるサービスが始まっている。

グーグルでは「いまのところ商品登録するEC企業に対する課金は予定していない。検索サービスの一環として提供していく」としている。

すでに同様のサービスが提供されているアメリカでは、ショッピングにかかわる決済や広告がグーグルからサービス提供されている。

・Google ショッピング
http://www.google.co.jp/products

・仕組み
http://www.google.com/intl/ja_jp/products/howitworks.html

・商品を登録するには
http://www.google.com/intl/ja_jp/products/waystosubmit.html

・Google ショッピング パートナー
http://www.google.com/intl/ja_jp/products/pspp.html

・Google ショッピング パートナー ショッピングモール
http://www.google.com/intl/ja_jp/products/gmp.html

Googleショッピング

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]