日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

らでぃっしゅぼー+NTTドコモの連携強化 dショッピングで販売&共通ID化も

来春をめどにネット通販と宅配、dマーケットで共通利用できるIDシステムを導入していく。
よろしければこちらもご覧ください
<タイトル> らでぃっしゅぼー+NTTドコモの連携強化 dショッピングで販売&共通ID化も <ティーザーアイコン> /files/images/article2011/netkeizai/netkeizai_icon.png <企画編集者/担当編集者/投稿者> bci_netkeizai <本文>

らでぃっしゅぼーや(本社東京都)は、NTTドコモとの連携を強化する。12月からNTTドコモが運営する「dショッピング」で販売を開始するほか、11月中旬からは首都圏のドコモショップで、タブレット端末でらでぃっしゅぼーやの会員登録や資料請求が行える制度も始めた。また、来春をめどにネット通販と宅配、dマーケットで共通利用できるIDシステムを導入していく。

「dショッピング」で顧客接点拡大

「dショッピング」では、らでぃっしゅぼーやがNTTドコモに商品を卸す形で販売展開する。同社の会員でなくてもドコモのユーザーであれば、商品を自由に購入することができるという仕組みだ。

宅配便で自宅まで配達する。

取扱商品は、宅配やネット通販より少なくするため、当社のサービスを知ってもらうための販売チャネルとして展開していく。

ドコモショップでの販促も開始

11月14日からは、首都圏のドコモショップで新規入会や資料請求の受付を開始した。

自社便で配送できる首都圏エリアのドコモショップ41店で試験的に実施し、今後全国に拡大していく考え。自社便で配達できない地域の会員は、ネット通販「らでぃっしゅぼーやオンラインストア」へ誘導する。

ドコモショップ内にらでぃっしゅぼーや専用ブースを設置した。店員がタブレット端末で入会案内を行う。タブレット端末でオンライン登録ができる仕組みも導入した。

ドコモユーザーであれば、住所などのデータを新たに入力する必要がない。その場で会員登録ができるほか、簡単に資料請求できる。

店頭で有機野菜を販売することも検討していくほか、待ち時間にジュースなどの試飲もできるようにしてサービスPRに役立てていく。

・らでぃっしゅぼーや
http://www.radishbo-ya.co.jp/index.html

・「dショッピング」(NTTドコモ)
http://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2012/10/11_02.html

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

リターゲティング
行動ターゲティング広告の1つで、検索サイトやバナー広告などから訪れた訪問者のその ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]