Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

PageRankを見れば順位が予測できるのか?

ページ

PageRankを見れば順位が予測できるのか?

スペンサー氏の論「PageRank(グーグルツールバーで確認できるもの)がグーグルの検索結果での順位と高い相関性がある」という論がある。もしこれが真実なら、SEOとしての我々の仕事がどれほど簡単だっただろうか! そうならば、PageRankが低いのにPageRankが高いページよりも上位にある原因を詳しく調べる必要もなかっただろうに。グーグルツールバーに表示されるPageRankが、グーグルが内部で順位決定に使っている数値と同じだと考えるのは、世間知らずすぎるのではないだろうか。

スペンサー氏に対する反応多くの人がPageRankに重きを置きすぎるのは事実だ。しかし、だからといってPageRankと順位が無関係だと言うのは極端すぎる。PageRankは順位決定の中心ではないが、関係はある。トップページのPageRankが高いということは、たしかに「何か」を意味している。

トップページのPageRankが6で、下層ページがPageRank 5や4や3となっているサイトは、トップページのPageRankが3で下層ページが2や1のサイトよりも、はるかに多くのトラフィックを獲得するのは間違いない。PageRankは100%正しいわけではないが、かなり良い指標だ。オーソリティの高いサイトのPageRankが6~10あることを考えると、PageRankは信じ切るべきものでもなければ、役に立たないと言い切るべきものでもない。

僕の意見どちらも正しい(ただし「PR6のサイトが必ずPR3のサイトに勝つ」と言っている点を見ると、このコメント者のライバルは楽なんじゃないかと思う)。PageRankと順位の相関関係についてのぼくらの調査データによると、たしかにPageRankはGoogle.comでの順位と相関関係がある(ただしGoogle.co.ukではそれほどではない)。しかし、相関の度合いはたいしたものではなく、それよりも他の要因(たとえばYahoo! SiteExplorerで見た被リンク数)のほうが、より高い相関の度合いをもっていた。

スペンサー氏の言う、「グーグルツールバーに表示されるPageRankと、グーグルが内部で利用している値は別物である」という点に関しては間違いはない。彼らはこれについて何度も言及している。また、PageRankは順位決定の唯一の要因ではないし、検索キーワードによっては、PageRank 3のページが数多く、PageRank 6や7のページよりも上位に表示されるものだ。

コンテンツがよければ、高い検索順位を得られるか?

スペンサー氏の論もし「コンテンツが良ければ、高い検索順位が得られる」というのが正しければ、優れた政策がある政治家は必ず当選できるということになるよね?

スペンサー氏に対する反応「コンテンツが良ければ、高い検索順位が得られる」。これには誰も文句は言わない。これが第一の仕事だ。

僕の意見コメントを書いた人は、スペンサー氏の皮肉に気付かなかったらしい。僕は、コンテンツがすぐれているからといって高い検索順位が得られるとは限らないという主張を全面的に支持する。要するに、「選挙に勝つには、最高の法律案を掲げればいい」というのが真実ではないのと同じことだ。

マーケティング、販促、ネットワーキング、提携、口コミ、おまけなど、多種多様な手段がサイトを成功させるためにウェブ上で展開される。リンクは意味を持たないとか、グーグルのコンテンツ解析システムが人間のようにコンテンツを読んで(たとえばGoogleは、英国のブラウン首相の退陣に関する記事では、タイムズ紙の方が、ワシントン・ポスト紙よりも詳細で鋭いと考えて)順位付けをしているとか考えているのなら別だが、そうでないなら、リンクを引きつける力は、現在もこれからも「最高のコンテンツ」とは関係ないけれど、検索順位に計り知れない影響を与えることがわかるだろう。

将来的には、ソーシャルメディアやソーシャルネットワーク的なウェブ上のやりとりを通じたデータの利用が増えると思われるけれど、これもコンテンツの質よりもはるかに影響力が強い。新しいものを早めに受けいれ、口コミを促し、人々のつながりを広げ、アイデアを広めていくタイプのユーザーがコンテンツの宣伝に力を注いでくれるようなブランドやサイトは、コンテンツの質が相対的にどの程度のものであれ、長期的に見て勝ち残る可能性が高い。

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

キャンペーン
企業の広告宣伝や販促などの目的で、ある切り口で、ある期間に、あるテーマ・メッセー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]