Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

SEO都市伝説(前編) - キーワード重視の文章/相互リンク/titleとh1

SEOのアドバイスには、納得できないものや論理的欠陥があるものもたくさんある。

長年にわたって耳にしてきたSEOのアドバイスの中には、僕がどうしても納得できないものや、論理的な欠陥に気づいたものもたくさんある。

そこで、そうしたものをいくつかここで紹介し、みんなからいろんな見方を聞けたらおもしろいんじゃないかと思ったんだ。

僕が理屈を理解していないとか、自分の考えが足りないとかいう可能性もあるけど、個人的には、ここに挙げたようなアドバイスが常に役に立つとは思えないので、少なくとも議論する価値はあるだろう。

この記事で紹介する5つのSEO都市伝説
  1. 成功するSEOコピーライティングとは、キーワードとコンテンツ構造である
  2. 他サイトとリンク交換するべからず
  3. 見出し(h1要素)はtitle要素と別なものに書き換えるべし
  4. 競合相手のスパム行為を通報するべからず(後編で紹介)
  5. サイト年齢は順位獲得能力を示すものである(後編で紹介)

×1. 成功するSEOコピーライティングとは、キーワードとコンテンツ構造である

以下は、異なる種類のSEOを適用した2つのページの例。

キーワード最適化と魅力的なコンテンツ

僕が苦々しく思っているのは、ウェブ上で見たりカンファレンスで聞いたりするSEOコピーライティングのアドバイスの90%以上が、図の左側の例のような、キーワードの使用とコンテンツ構造に関するものだという事実だ(僕自身、人のことをとやかく言えないけれども、これまでその慣例を打破しようと努力はしている)。

そういったものは、高度なアルゴリズムによる順位決定という観点からは価値を増やすかもしれない。しかし、少なくとも僕の意見では、たとえ1つでも外部リンクを獲得できることに比べれば、h2要素でキーワードを適切な回数だけ繰り返すことなんて、ちっぽけな価値しか持たない。

もしウェブライターたちが、自分たちの作ったコンテンツを中心とするウェブコミュニティに関する情報を与えられ、ウェブ上のコンテンツを他の人に広めてくれる人たちをターゲットにするように依頼されたならば、彼らのSEO作業にははるかに大きな価値が加わることになりそうだ。だからといって、SEO業者やライターが適切なキーワードを使うのをやめる必要はまったくないんだけれど、「リンケラティを意識して書く」方法や人の心理を巧みに利用してリンクを張らせる技術に関する記事がもっとあればいいのに、とは思う。

×2. 他サイトとリンク交換するべからず

相互リンク交換やリンク交換プログラムに対する恐怖心がウェブ中で非常に高まったため、伝えられるべきメッセージが履き違えられたあげく、まったく馬鹿げたこんなアドバイスまでが登場した。

君にリンクしている人に対して、決してリンクを張ってはいけない

まるで恐怖症の域にさしかかっているんじゃないかとさえ思えてくる。ウェブのリンクグラフは、実世界でのつながり、支持、関係を表わしたものであるはずだ。そのリンクグラフを人為的に操作しようとするのは、あまり意味がない――たとえその動機が、グーグルからそう求められているという思い込みだとしてもね。

ただし、このアドバイスが有効なケースもいくつかあるので、紹介しよう。

  • 何の関わり合いもないサイトからメールで「そちらがリンクしてくれるなら、お返しにこちらからもリンクを張りましょう」などと持ちかけられた場合。
  • ディレクトリサイトが外部リンクを獲得する目的で、リンクを張ってくれないかと依頼してくる場合。

逆に、このアドバイスが当てはまらないケースを挙げておこう。

  • どこかのブロガーが、君も関心を持っている事柄について記事を書いた上でリンクを張ってくれた場合。
  • ビジネスパートナーが君の仕事を宣伝し、君からのお返しを期待している場合。

「相互」リンクに対する僕の見解を説明するために、わかりやすいリスクチャートを作ってみた。

リンク交換のリスクチャート

たとえば、SEOmozがDistilled社のWebサイトにリンクを張り、DistilledからもSEOmozにリンクバックしてもらうことは、まったく問題ない。Distilledは英国におけるSEOmozのパートナーだからね。でも、もし僕らが実際にはパートナーじゃなくて、お互いのリンク人気を人為的に高める目的で相互リンクしているだけだったら、話は違ってくる。

×3. 見出し(h1要素)はtitle要素と別なものに書き換えるべし

どこからこんなアドバイスが生まれたのかわからないが、僕が本当に敬意を持っている何人かのSEO業者から聞いたことがあって、親しくしてもらっているトッド・マリコート氏もその1人だ。それでも、これはかなり疑わしいと思う。僕はこれまでテスト環境で何回か試したり、大ざっぱな相関データを調べたりしたけど、そのどちらからもtitle要素とh1要素を別なものにするメリットは特に見られなかった

僕がこのアドバイスに反対する大きな理由は、h1要素はそのページの「見出し」となるべきものだからだ。もし検索結果上でタイトルをクリックして、アクセスしたページでぜんぜん違う見出しが表示されたら、それはひどく不快な体験になる。

h1要素とtitle要素の不一致

これは、たとえSEO的に良いことだとしても、ユーザビリティの方を優先すべきなのではないかと僕が考えるケースの一例だ。検索結果でタイトルを見たときに生じるのは、まさにそのタイトル通りの記事に対する期待であるはずだ。title要素とh1要素を違うものにすることで順位が上がるはずだと考える検索エンジニアなんて、僕にはちょっと想像できない。

この記事は前後編の2回に分けてお届けする。後編でも引き続き、ランドが同意しかねるというSEOアドバイスのうち、残りの2つを紹介する。→後編を読む

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]