Moz - SEOとインバウンドマーケティングの実践情報

SEOに明るいウェブライターとして職を得るために知っておくべき10のポイント(前編)

SEOの能力を身につけたいコピーライター向けの簡単なチェックリスト
よろしければこちらもご覧ください
Distilled
SEOmozは英国Distilled社と提携し、検索エンジン市場のニュースと情報を提供している。この記事はDistilled.co.ukに勤務する協力者から提供されたもので、内容はすべて筆者自身の見解であり、SEOmozの見解を反映しているとは限らない。

今回の記事の着想を得たのは、最近、友人としゃべっているときのこと。この友人は、大学を卒業してウェブ関連の仕事を探していたところで、私が万能なる英文学科を卒業したときと同様に、彼女もオンラインでコピーライティングの仕事を探していた。私はDistilledに入る前、ちょっとだけフリーランスのライターをやっていたから、彼女の考えがよくわかる。

私は好奇心から、craigslistGumtreeで求人情報を探してみることにした。この2つは1年半前に私自身がよく見ていたサイトだ。真っ先に気づいたのは、ライターの仕事の大多数が募集職種または説明のどこかでSEOに触れていることだった。私の頃はこんなことはなかったはず。

SEOのコピーライティングがこの1年半で新たに登場したようなものではないのは明らかだけど、感嘆してしまうほどに状況は変わっていた。今やSEOを意識して書くことは、ある種の職に就くにはほぼ必須の条件になっている(大半の求人ではそれ以上のことが求められるけれど)。

この記事はSEOの能力を身につけたいコピーライター向けの簡単なチェックリストだ。ごく基本的なレベルで深く掘り下げることはないが、特に重要なリソースへのリンクもしっかり入れておいた。

craigslistを眺めていたら、私が言いたいことを見事に表している好都合な広告を見つけた。以下がその広告。

craigslistの求人広告

ここから導かれた、10のポイントとは次のとおりだ。

  1. ウェブに精通したコンテンツライター
  2. 作成してアップロードする
  3. 豊富にキーワードを含む魅力的なコンテンツ
  4. ウェブサイトは閲覧者を増やす必要がある
  5. SEOの取り組み
  6. ウェブリンクキャンペーン
  7. ソーシャルネットワーキング
  8. ネットPR
  9. 自然検索
  10. 検索で上位の順位を取れる優れたコンテンツを作成する

こうして並べてみるだけでも十分な情報だとは思うが、それぞれについて解説していこう。

この記事は3回に分けてお届けする。次回からは、今回ご紹介した求人広告をもとに、SEOに明るいウェブライターとして職を得るために知っておくべき10のポイントをお伝えする。→中編を読む

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

QDF
QDFは、どんな検索キーワードに対してどんな検索結果を返すかを決定する際にグーグ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]