Google Analytics入門

Google Analytics入門 第10回 目標に貢献している「検索」はどれか?

よろしければこちらもご覧ください

Google Analytics入門

第10回 目標に貢献している「検索」はどれか?

かわち れい子

ケーススタディで学ぶGoogle Analytics活用
<検索エンジンマーケティング編>

書籍『Google Analytics入門』の厳選コンテンツをオンラインで公開する「Google Anaytics入門[ウェブ版]」、ここでは、SEOをはじめとする検索エンジンマーケティングに参考となるような事例について解説します。ユーザーが使っている検索エンジンやキーワードを知ることは、ユーザーの自社サイトへの誘導方法を考えるときに役立ちます。

検索エンジンの検索結果を表示する画面には、検索結果と同時にリスティング広告が並びます。どちらをクリックしてWebサイトを訪問したかでユーザーの動線に違いはあるのか調べてみましょう。


クリック単価広告と検索結果のコンバージョン
クリック単価広告と検索結果のコンバージョン

このレポートでは、ユーザーが検索結果表示画面とリスティング広告のどちらをクリックしてサイトにたどり着いたかを見ます。「cpc」と表示されているのが、CPC広告(クリック単価広告)です。「organic」は、普通の検索結果からの自然流入です。

結果はこう読め!

リスティング広告

ユーザーが使用した検索キーワードに応じて、検索エンジンの検索結果画面などに表示される有料広告のこと。多くは検索キーワードが入札制で、クリック課金制になっている。

動線

ここでは、Webサイトの中でのユーザーの動き(ページの遷移)を意味する。

CPC広告

CPCとは、Cost Per Click、クリック課金型広告のこと。リスティング広告であるGoogleアドワーズ広告もCPCの1つ。

リスティング広告と検索結果の比較もさることながら、ユーザーが利用した検索エンジンによる違いもおさえましょう。

このレポートは、ユーザーが利用した検索エンジンごとに、Google Analytics上で設定した目標に対してどれだけの貢献があるのかを示します。ユーザーが利用した検索の方法ごとに、訪問数やページビュー数という基本的な項目と、設定した目標に対してどれぐらいのユーザーを送り込んだか、という指標が表示されています。

検索エンジンごとの傾向をつかんだら、各項目の横にある「+」をクリックして、該当の検索エンジンでユーザーが利用した検索キーワードの詳細をチェックします。同じ検索エンジンでも、目標に到達したユーザーにはっきりと違いがあることがわかるはずです。あなたのWebサイトを訪問するユーザーはどのような検索エンジンを使い、どのような検索キーワードを用いているのでしょうか。その組み合わせの中でも、目標に到達しているユーザーが多いものと少ないものがあるはずです。

次に、ユーザーの行動を追体験します。検索エンジンで、ユーザーが利用しているキーワードを使ってあなたのWebサイトを検索してみましょう。このとき、やみくもに検索しても無駄なので、このレポートでチェックした目標への到達度合いに大きな違いが見られた組み合わせでいくつかやってみましょう。

それらの組み合わせでの検索結果の表示については、どこかに違いがあるはずです。それらの違いは、ユーザーがあなたのWebサイトを訪問する際の入り口が違うという単純な話ではありません。ページの見た目の印象やナビゲーションの善し悪しでその後のユーザー動線が変化することを追体験し、Webサイトの改善に利用しましょう。

POINT!

別々の入り口からあなたのWebサイトを訪問することになったユーザーは、あなたのWebサイトの中でどのような動線の違いを見せるのかを検証することにより、入り口の違いを効果的に利用できるようになります。

※この記事は、以下で紹介している『Google Analytics入門』の第4章の内容をウェブ用に再構成したものです。

書籍Google Analytics入門のご紹介

Google Analytics入門
簡単・無料ソフトで始めるWebマーケティング

  • 著者:かわちれい子
  • ISBN:4-8443-2276-1
  • 価格:1,554円(税込)
  • 発行:インプレスR&D

初めてでもプロ並みのアクセス解析ができる
Google Analyticsの解説書が登場!

高度な分析が無料で簡単にできるアクセス解析ソフト「Google Analytics」の解説書です。Google Analyticsを使いこなすことができれば、無駄なSEOやキーワード広告にお金を使わず、初めてでもプロ並みの分析が可能です。企業サイトを任せられているウェブ担当者には必読の一冊です!

本書で、以下のようなことがわかります。

  • アクセスが集中するのは何曜日の何時頃?
  • 訪問者は一見さんか、リピーターか?
  • お客さんはどのページで飽きたのか?
  • どんなページが人気なのか?
  • どんな検索キーワードであなたのページにたどり着いたのか?
  • ユーザーはどんな環境であなたのウェブサイトを見ているのか?
  • お客さんはウェブサイトのなかでどんな行動をしているのか?

この他にも盛り沢山の内容で、ウェブ担当者必携の1冊です。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス