コメント投稿

DNS

DNS(Domain Name System/Domain Name Server)は、インターネットサイトにアクセスする際に、ドメイン名とIPアドレスを結び付けるための仕組み。

インターネットのサイトは、「www.○○○.co.jp」といったドメインを使った表記で表されるが、一般的にこれらのサイトのURLは、実際には「123.123.123.0」といった数字でシステム上は把握されている(IPv4の場合)。「DNS」は、いわば“インターネットの住所録”であり、サイトのURL(ドメイン)と数値(IPアドレス)の対応を、1対1で照らし合わせて、正常なアクセスを可能とする仕組みだ。

「www.○○○.co.jpを閲覧したい」と、ブラウザなどにURLを入力したときに、それを「123.123.123.0」に変換し、正しいサーバーに接続するよう案内するのがDNSの役目だ。“住所と郵便番号”の関係をインターネット上で扱っているのが「DNS」と言えるだろう。

この対応関係(名前解決)において、基幹となる部分を担う組織は限られており、日本の場合は、JPRS(日本レジストリサービス)、JPNIC(日本ネットワークインフォメーションセンター)、SINET(国立情報学研究所)などが該当する。ISPなどだと、自社のユーザー向けにDNSを用意している場合も多い。

メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クロール
関連語 の「Google Webmaster Central」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]