コメント投稿

.brand ドメイン (企業名などブランド名をトップレベルドメインとしたドメイン)を使用して、デジタル戦略を強化しましょう!

自社ブランドを使用したトップレベルドメインの申請ができるチャンスが来ました!
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ICANNは2022年末に、ブランドトップレベルドメイン (.brand) の新しいアプリケーションウィンドウを計画しています。「.brand」はブランド独自のトップレベルドメインのことです。デジタル戦略はブランドのイメージにおいて非常に大きな役割を果たしているため、自社名やサービス名に特化したトップレベルドメインを作成し利用することで、企業やサービスを際立たせることができます。

自社のデジタル戦略を他社と差別化

ドメイン名は無形資産としての価値があり、ビジネスのデジタル戦略に不可欠です。通常、比較的一般的なトップレベルドメインを選んでドメイン名を登録することが多いですが、今日では、.brand (自社ブランドトップレベルドメイン) に焦点を当てたデジタル戦略で差別化を図ることができます。

自社ブランドのトップレベルドメインを持つということは、ブランド名を使用した独自のカスタムトップレベルドメインを持つことを意味します。つまり、あなたの企業はインターネットの一部を所有していることになるということになり、そのトップレベルドメインは企業ブランド専用のデジタル領域となります。したがって、自社ブランドのトップレベルドメインを使用すると、競合他社との差別化を図る独特のシンボルになります。

ウェブサイトのようなオンラインスペースがブランドの最高のショーケースであり、あなたのブランドをユーザーの関心と尊敬を集める自社ウェブサイトやサービスに関連付けてドメイン名を使用できるようになります。

ドメイン名ガバナンスについて

ドメイン名はそのブランドの特徴を表すものですが、同時に管理が難しいことがよくあります。ドメイン名の管理は、自社ブランドトップレベルドメインが最も恩恵を受けることができる大企業にとって大きな関心事の一つです。

自社ブランドトップレベルドメインはその企業独自のデジタル領域を表し、ルールを定義し、遵守し続けることになります。全社的なコミュニケーションポリシーを実装し、ブランドに関連した人たち (従業員、スタッフ、再販業者、フランチャイジー、子会社など) に関して完全な均質性を保証することになり、オンラインでブランドイメージを強化します。

ブランドドメインを使用して新しいサービスや支店のウェブサイトを作成したり、マーケティングキャンペーンを行ったりするのは非常に簡単で、例えば、大規模な自動車会社のディーラーは、”cityname.brand” を簡単に登録できます。

さらに、ブランドドメインを使用すると、使用可能かどうかを心配することなく、必要なドメイン名を登録できることが保証されます。トップレベルドメインはあなたの企業のものであるため、それを使用するのは自社企業だけにすることができます。そうすることで、製品の発売、イベントのウェブサイト、またはその他の種類のマーケティングキャンペーンに関して、正確なニーズを満たすドメイン名のみを自由に定義することができます。

安全なデジタルテリトリーを確保

ブランドドメインはブランドに属するデジタルテリトリーを確立します。これにより、ビジネスとサイトの訪問者の両方のセキュリティをより適切に処理できるようになります。

サイバースクワッティングとタイポスクワッティングは、ドメイン名ポートフォリオの管理に関して企業が最も懸念されるリスクです。 ブランドドメインを選択することにより、自社ブランドのトップレベルドメインを使用したドメイン名を登録する独占的権利を享受できるため、こういったリスクを避けることができます。

また、一般的なトップレベルドメイン (国別コードトップレベルドメイン (ccTLD) およびジェネリックトップレベルドメイン (gTLD)) でブランドを保護するために、戦略的にドメイン名を登録することにより、ブランドイメージを毀損しないドメイン名登録戦略を維持することが不可欠でもあります。

ブランドドメインを使用したオンラインスペースの所有権は、インターネットユーザーにとっての信頼性の表れでもあります。 ブランドドメインを使用することで、完全なユーザーエクスペリエンスを提供し、ブランド全体を簡単に識別できるようになるため、販売されている製品やサービスだけでなく、情報の信頼性も保証されます。  

それに加えて、ブランドイメージを悪用したフィッシングキャンペーンに、より注意を払い、より意識するようになります。

Gandi コーポレーションチームは、技術的なバックエンドプロバイダーと提携して、ブランドドメインを導入する手順をガイドを用意しています。

  • ブランド戦略を振り返りをサポート
  • ブランドドメインに関連した申請書の作成をサポートします
  • トップレベルドメインのインフラストラクチャ(AFNICなど) の技術管理を担当するレジストリオペレータを備えたテクニカルバックエンドプロバイダーの選択をサポート

自社ブランドを使用したトップレベルドメインを導入したい方は、corporatecontact@gandi.net までメールでお問い合わせください。

参考リンク:

よろしければこちらもご覧ください
000
000
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CSR
Corporate Social Responsibilityの略。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル