コメント投稿

PEARとPECL(PECL編)

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「PEARとPECL(PECL編)」を公開しました。
前回は「MDB2とPDOのどちらを使う?」というお話しに引っかけて、「PEAR」と「PECL」という2つの単語を出すだけ出してみました。
今回は、この2つについて少し理解を深めていきたいと思います。

まずは、2つの単語は双方とも略語ですので、略してない方の文章を引っ張り出してみましょう。
PEARは「PHP Extension and Application Repository」。
PECLは「PHP Extension Community Library」。
かたや「拡張とアプリケーションのレポジトリ」でかたや「コミュニティライブラリ」。このままでは今ひとつ差異がわからないですね。

上述の2つは、実は「記述言語」に大きな違いがあります。また、そのために「インストールを含む、取り込み方と運用の仕方」に差異が出てきます。
端的には、PECLはC言語で、PEARはPHPで書かれています。

PECLの大きな特徴は、良くも悪くも「C言語で書かれた拡張ライブラリである」という事です。
なんだかんだ、C言語の記述能力と処理速度、マシン資源へのエコっぷりはやはりぶっちりぎでTopに属しています。PHP自体もC言語ですしね。
ですので、PECLの最大の特徴は「高速軽量」であること。もう一つ便利なのが、C言語なので大抵の動的ライブラリ(*.so、または*.dll)との橋渡しが簡単にできます。

また、PECL(というかPHPのエクステンション)は「PHPの言語構造に直接手を入れることもできる」ので、それこそ「PHPという言語の挙動を変更することができる」レベルの事を実装することすらも出来ます。
強力すぎるものは確かに扱いが難しい事もありますが、とはいえ「大抵何でもできる」というのは、やはりなかなか崩しにくく捨てにくいメリットだと思います。

…と、ここだけ切り取ると「なんだPEARいらなくね?」ってな感じになるのですが、
PECLの唯一にして最大のネックは「インストールが面倒である」事につきます。

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/278/

よろしければこちらもご覧ください
2130
2130
-->
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

VTR
同義語 の「ポストインプレッション」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

[GOLD SPONSOR]
株式会社日本レジストリサービスオープンテキスト株式会社株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス株式会社電通デジタル