これまでのマーケの考え方に限界を感じたら「ラテラル・マーケティング」を試してみよう

これまでのマーケの考え方に限界を感じたら「ラテラル・マーケティング」を試してみよう
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

通常、マーケティングの手順としては、ざっくり「市場分析」→「仮説抽出」→「アクションプラン策定」→「実行」というものだろう。この手順は既存市場に対して実施されるものであり、繰り返し実行される。

このようなマーケティング手法をバーティカル(垂直型)マーケティングと呼んだりする。しかし、既存市場の環境が変化するとこの手順では成果を出すことが難しくなってくる。この場合の変化とは、市場の成熟化や顧客のライフスタイルや考え方の変化のことである。さらに、各企業が市場の細分化を強力に推し進めることでこれ以上細分化できない状況が生まれる。このようなことが起きると、いくら分析・仮説抽出・アクションプラン策定・実行という手順を繰り返しても成長することが難しくなってくる。

バーティカル(垂直型)マーケティングは、既存市場において市場を細分化し自社商品を購入してくれそうなターゲットを発見し販売することには向いているが、新たな市場を発見したり、視点を変えた新製品を開発することにはあまり向いていないと言われているのだ。

今回は、このような状況に参考になる考え方を紹介する。

続きはこちらからご覧いただけます。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

APIA
アジア太平洋地域のISPやEC関連サービス会社、コンテンツプロバイダーなどのイン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]