BizteXが「BizteX Connect」と「Notion」のデータのAPI連携コネクタを提供開始

Notionの情報を「Googleスプレッドシート」やSFA、MAに自動で一括取り込みが可能に

業務自動化ソリューションのBizteXは、提供するクラウドデータ連携サービスiPaaS(アイパース)の「BizteX Connect」と、コラボレーションソフトウェア「Notion」のデータを連係する「API連携コネクタ」の提供を始めた、と5月23日に発表した。Notionに保存された情報を「Googleスプレッドシート」などの表データや、SFA(営業支援システム)、MA(マーケティング自動化)などへ自動で一括取り込みができる。

Notionはノート、タスク管理、データベース、カレンダーなどを統合したプラットフォームでNotion Labsが提供しており、個人からチームまで幅広く利用されている。API連携コネクタによってNotionで管理するプロジェクトをタスクの期日と進捗のステータスから遅れているタスクの一覧を日次で取得し、チャットツール「Slack」や「Chatwork」、「Gmail」などで担当者にリマインド(再確認)できるようになる。

BizteX Connectはクラウドでソフトを提供するSaaSなどさまざまシステムを連携し、ワークフローの自動化や一元化を可能にする国産のiPaaS。API連携コネクタは「ページ一覧の取得」と「ページ情報の取得」が可能で、今後は「ページの追加」も提供する。API連携コネクタを活用してNotionで管理している案件情報を取得し、「kintone」や「Salesforce」などSFAとして利用しているサービスへ自動で一括登録ができる。

Notionで管理する案件情報をkintoneやSalesforceなどSFAサービスに自動で一括登録
Notionで管理する期限が近い未完了タスクをチャットやメールで担当者にリマインド
用語集API / MA / SFA / iPaaS
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

内部要因
Webページにキーワードを記載したりHTML要素を適切に利用したりする「ページ内 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]